片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅をする生き方

片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅を選んだ人たち

 

片足で、小さなバックパックと松葉杖で旅をしていた若者を見ました。

耳が聞こえなくなると言われても、美しい海に潜り続けるカメラマンがいました。

それから目の見えないギター弾きの旅人と出会いました。

彼らは周りの心配の声を気にしません(聞こえません)。

 

人の生き方を他の人がコントロールしようとすることは、

どれだけの意味があるのでしょうか。

 

写真はインドのサドゥです。
彼らは家も家族もコミュニティも持たないことを選んで生きます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の見えないギター弾きの旅人 in ボリビア

旅する理由

関連記事

  1. 子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる

    子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる小さな頃からあった「…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  3. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  5. 大好きな友だちが落ち込んでいるときにすること

    大好きな友達が落ち込んでいるときにすることいつも心強い友人がスト…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  8. 心が喜ぶ旅の方法

    心が満足する旅の形旅とは、思い出やリフレッシュや経験のためだけで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP