海外放浪を6年間することになったきっかけ

海外放浪を6年間することになったきっかけ

 

 

初めは逃避だったんです。

 

現実逃避をして、心も体も充電させるための日本脱出だったのに

たくさんの思い出が、

逃避を完璧な夢のようなワクワクした現実にしてくれました。

 

 

ここからその夢のような現実で生きることを、

この日本でやろうと挑戦中です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの旅を教えてください

小さな手助けをして大きな喜びをもらう

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  2. 目の見えないギター弾きの旅人 in ボリビア

    目の見えないギター弾きの旅人  in  ボリビアいつもギターを背負ってい…

  3. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  4. 子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる

    子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる小さな頃からあった「…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  8. 片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅をする生き方

    片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅を選んだ人たち片足で、小さな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP