モーレア島のフランス的生き方 in タヒチ

タヒチのモーレア島にあるキャンピングサイトには
フランス人ばかり泊まっていました。

皆長期で滞在して、
毎日めいっぱい海に囲まれて過ごしています。

年齢は40、50、60代、もっと上の人もいそうでした。
1人で泊まっている人も少なくありません。
めいっぱい日焼けして、海の目の前にテントを立て、
水着で一日中過ごし、いつも海に触れていた初老の女性は
とても大事なものを見るような目で海を見ます。

とても暑いのに、毎日自転車に乗り
生き生きと出かける中年の男性。

みんなフレンドリーで、
自由そうに、幸せそうに見えます。

モーレア島の魔法でしょうか。
フランス的思考なのでしょうか。
“1人”というと
ネガティブに捉えられやすい社会を見てきた私には、
いつでも自分の感情が求めることを
追い求める姿がまぶしく映り、
心地よさも感じました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中央アジアのキルギスに集まるチャリダーと旅人たちの話

フィンランドのムーミン谷でムーミンの物語に入り込む

関連記事

  1. 西オーストラリア州の野生動物を保護する動物園

    西オーストラリア州に、傷ついた動物たちを保護してリハビリをさせてまた自然に返す野生動物園があ…

  2. 心を動かされる写真の撮り方

    ニュージーランドにカメラを3台持ってきていた台湾の女の子は、カメラをとても大事そうに扱い真剣に、とて…

  3. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  4. 「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

    旅仲間の1人が「いつ、どんな時が、何している時が一番楽しい?」と聞きました。…

  5. オーストラリアで高さ75メートルの木登りをした話

    オーストラリアの高さ75メートルの木登り西オーストラリアのツアーが楽しか…

  6. ニュージーランドのヴィクトリア女王にふさわしい町クイーンズタウン…

    ニュージーランドはLovelyな国だって、みんなが言います。ニュージーで一緒に住んだり働いていた…

  7. オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術

    オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術片手にマイク…

  8. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP