NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方

NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方

 

 

ニュージーランドは割とどこでも仕事がある。
季節によって採れる果物や野菜や魚が決まっているので、
ワーカーたちが同じ宿に泊まって近くの仕事場に向かう。
仲良くなり時には同じ釜の飯を食う仲間となる。

 

 

そうやって、同じ宿の、同じ部屋に泊まっていたイタリア人の女性と
良く話すようになった。

 

 

イタリア人は考え方がロマンチックなところがある。
私と彼女はお互いの視点がとても違うことに気づき、
お互い興味は尽きず話は続いた。

 

 

イタリアでジャーナリストとして出版もしていた彼女は今、
学校に行くためにお金を貯めることを決め、
本当にお金を貯めている。

 

 

大好きなロッククライミングをせず、パブにも行かず、
夜は10時に寝る。

 

 

“Now is the time to think about what you really really want to do.
Otherwise you will look for something all the time.
Or, if you get back to your country and do something for money,
but you will think another thing again.
Then you will leave the position.”

 

 

この時私も学校に行くことを迷っていた。
もっと言えば何をしたいか、ということがクリアになっていなかった。

 

 

彼女にはもう何が彼女を幸せにするのか分かっていて、
でもそれを見つけるには時々とても長い時間がかかる(ことがある)
ということを知っているから私に見つけるように言ったのだろう。

 

 

写真は南島の最北のビーチ。
岩陰にはたくさんの赤ちゃんアザラシがいる。

 

 

長期でNZにいる人は車を持っている人を探す。
もしくは10万円ほどで買い、10万円ほどで売る。
そうして仕事場に一緒に乗せて行ってもらったり、
NZ中を仲間と、時々ヒッチハイカーを乗せながら旅をする。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ものごいから貰うもの in カンボジア

世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

関連記事

  1. タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣る方法

    タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣るタヒチやイースター島は物価が高い。イースター島で…

  2. オーストラリアの先生「Less work, Enjoy life…

    人生を楽しむオーストラリアの先生たちオーストラリアは…

  3. 南半球のオーロラ in ニュージーランド

    ニュージーランドの低緯度オーロラニュージーランドの南島は、自然の美しさがどこか現実離れをして…

  4. モーレア島のフランス的生き方 in タヒチ

    タヒチのモーレア島にあるキャンピングサイトにはフランス人ばかり泊まっていました。皆長期で…

  5. オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術

    オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術片手にマイク…

  6. 「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

    旅仲間の1人が「いつ、どんな時が、何している時が一番楽しい?」と聞きました。…

  7. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  8. オーストラリアで高さ75メートルの木登りをした話

    オーストラリアの高さ75メートルの木登り西オーストラリアのツアーが楽しか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP