オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術

オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術

 

 

片手にマイクを持ち、後ろに座る私たちと話す。
もう片方の手はハンドルまたはお菓子をつまむ。
片足を上げリラックスし、もう片方の足は多分ブレーキの上。

60km / hr 以上だとスピード固定とハンドル固定ができる
とかで段々家でテレビを見ながらお菓子をつまむ体制になる。

日本でこんな風に運転していたら捕まるのだろうか・・・?

彼女はツアーガイドで、5日間西オーストラリアの
色んなところに連れて行ってくれた。

印象に残っているのは、「ハットリバー王国」。

オーストラリア政府は認めていないが、
独立した国と主張し、貨幣やビザや入国スタンプなど
独自のものを使っている。

王国の中を歩いていると忍者ハットリ君の絵が・・・。
そういうお茶目なところと政府に啖呵を切って
実際に独立国家を造ってしまう姿勢は中々見れないものだ。
私は人口30人のこの国の存続を密かに願っている。

ツアー中、みんなで食事の準備をし、みんなで遊び、
みんなで寝る。
みんな段々だらしなくなっていく。(ガイド含む)

それでもお腹が膨れると眠たくなるからと、
一日の最終目的地に着くまで食事をせず
コーヒーとスナックだけつまみ、5日間一人でガイドをする
彼女はタフで頼りになるガイドだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

船酔い対策には踊ること。in ホンデュラス

オーストラリアで高さ75メートルの木登りをした話

関連記事

  1. モーレア島のフランス的生き方 in タヒチ

    タヒチのモーレア島にあるキャンピングサイトにはフランス人ばかり泊まっていました。皆長期で…

  2. ニュージーランドのヴィクトリア女王にふさわしい町クイーンズタウン…

    ニュージーランドはLovelyな国だって、みんなが言います。ニュージーで一緒に住んだり働いていた…

  3. オーストラリアで高さ75メートルの木登りをした話

    オーストラリアの高さ75メートルの木登り西オーストラリアのツアーが楽しか…

  4. 「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

    旅仲間の1人が「いつ、どんな時が、何している時が一番楽しい?」と聞きました。…

  5. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  6. NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方…

    NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方&nbs…

  7. 西オーストラリア州の野生動物を保護する動物園

    西オーストラリア州に、傷ついた動物たちを保護してリハビリをさせてまた自然に返す野生動物園があ…

  8. オーストラリアの先生「Less work, Enjoy life…

    人生を楽しむオーストラリアの先生たちオーストラリアは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP