人によって全然印象が違うベトナム旅行 

ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンで
アラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。

彼女はホイアンで現地のベトナム人と触れ合い、
ベトナム人はとても優しいし親切だ、と話しました。

バイクタクシーの運転手と仲良くなって
色んな場所に連れていってもらったり、
家に呼ばれて運転手の家族と一緒に食事をしたり。
運転手の息子さんが英語が話せてとてもよくしてくれる、と。

私はそのときベトナム人のすばしっこさや性格のきつさに

ベトナム人強すぎ・・・
とちょっとへばっていて警戒心が強くなっており、
宿に帰ってきた彼女の話を聞くたびに

それどこの国の話?

と不思議に思っていました。

アラスカ出身の彼女は結婚が決まっていて、
結婚生活が始まる前にどうしても一人で旅がしたくて、
ベトナムに来たかったのだと話しました。
とても楽しそうにベトナムの旅のことを話す彼女をみて、
良い旅になってよかったなあと思いました。

私はここに来るまでに出会った日本の大学生たちから
ベトナムで3回スリにあったとか
お金を抜かれた話をよく聞いていて、
心をクローズドにしすぎていたかもしれません。

「バンコクではくるっと体を回しているうちに何か盗られる」
(by タイのチェンマイ人)けれど、
「ベトナムでは目をつぶって開けたらもう盗られてる」
(by 日本の大学生)、とか
(そして「モスクワだと地下鉄に乗った瞬間盗られる」
(byロシア人)とか・・・)

さすがアメリカに勝ったベトナム人、すばしっこすぎ!
と噂話(?)にちょっとビビりすぎました。

それから毎日同じものを食べに行っていたお店の子と
ちょっと挨拶するようになって、
注文する前に注文が通っていたりして、
そんな小さなことを嬉しく思うようになりました。

自分の見方で随分と感じ方が変わるものだなぁ、と。
そう教えてもらったアラスカの女の子に感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心を動かされる写真の撮り方

海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  2. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  3. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  4. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  5. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  6. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  7. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  8. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP