インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめき
クラクションは重なり途切れることはありません。

あ!危ない!

っとなってドライバーがクラクションを押したら

「・・・・・ブーーーーーーーーー!!!」となります。

いや今なってもギリギリ遅い・・・よね?
というタイミングで鳴ります。

 

その分ドライバーたちの反応速度は目を見張る速さです。
なのにクラクションは遅!と。

 

インドは本当インドらしさをつらぬくなぁと思います。

 

そのうち面倒くさくなって
肘でクラクションボタンを押さえて鳴らしっぱなしで運転するようになります。
よくある光景ですね。

 

写真はインドのバラナシの様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

制限することが「自由」をつくる

関連記事

  1. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  2. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  3. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  4. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  5. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

  6. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  7. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  8. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP