インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめき
クラクションは重なり途切れることはありません。

あ!危ない!

っとなってドライバーがクラクションを押したら

「・・・・・ブーーーーーーーーー!!!」となります。

いや今なってもギリギリ遅い・・・よね?
というタイミングで鳴ります。

 

その分ドライバーたちの反応速度は目を見張る速さです。
なのにクラクションは遅!と。

 

インドは本当インドらしさをつらぬくなぁと思います。

 

そのうち面倒くさくなって
肘でクラクションボタンを押さえて鳴らしっぱなしで運転するようになります。
よくある光景ですね。

 

写真はインドのバラナシの様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

制限することが「自由」をつくる

関連記事

  1. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  2. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  4. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  5. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  6. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  7. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  8. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP