インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめき
クラクションは重なり途切れることはありません。

あ!危ない!

っとなってドライバーがクラクションを押したら

「・・・・・ブーーーーーーーーー!!!」となります。

いや今なってもギリギリ遅い・・・よね?
というタイミングで鳴ります。

 

その分ドライバーたちの反応速度は目を見張る速さです。
なのにクラクションは遅!と。

 

インドは本当インドらしさをつらぬくなぁと思います。

 

そのうち面倒くさくなって
肘でクラクションボタンを押さえて鳴らしっぱなしで運転するようになります。
よくある光景ですね。

 

写真はインドのバラナシの様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

制限することが「自由」をつくる

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  2. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  4. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  5. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  6. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  7. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  8. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP