チベットで3人の悪ガキと友達になった話

チベットの小さな町に着いたとき、
手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」
と言いながら3人の子どもたちが声を掛けてきました。

そしてペンもノートも買わず私たちは一緒に遊びました。

 

2人は学校に行き、1人は修行僧の幼馴染たちでした。
9歳ぐらいかと思っていたけど実際は11~13歳だそう。
3人とも見た目は小さいです。

 

タバコを吸う学生2人はタバコのせいで身長が低いのかと思ったけれど、
3人とも小さいのでここでは普通なのかもしれません。
そういえば宿の息子さんも13歳ぐらいかと思ったら
16歳でした。

 

悪ガキ3人衆はとても強い絆を持っています。
僧の子がブランコみたいなものから落ちて膝を打ち
泣きそうになっている時、
2人はその子を笑わそうとしました。

 

どこか他所の子がやってきて
僧の子の泣き顔をのぞき見しようとしたら、
2人はその子を追い払いました。

 

僧の子は顔を上げ私に笑いかけ、ちょっと離れて少し泣きました。
そしたらまた2人が僧の子を笑かします。

 

一つの自転車で4人乗りに限界がきて3人乗りになれば、
必ずこぼれた1人をほっときません。

 

壊れた自転車を4人乗りしてツーリング中、
チべタンのおじいちゃんがこちらを見て笑っています。

 

市場で爆竹をかき鳴らす悪ガキさんたち。
優しくて強い友情に私を混ぜてくれてありがとう。

 

写真は彼らが住む東チベットの「理塘」です。
ここはラサより更に400m標高が高く(4000mを超します)
夜になると町中からでも満天の星と天の川が見えます。
風邪をひくとさすがに頭痛で眠れなくなりました。
私にとって初めて高山病の症状が現れた町でもあります。

 

大きい街ではありませんが、人々は優しく
立派な寺院や鳥葬の文化に触れられる町です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

関連記事

  1. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  2. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  5. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  8. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP