ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

 

海外のタクシーのドライバーたちは
だいたいみんなぼったくり顔である(ことが多いです)。

 

でも国によってまだ悪い顔になりきれてなかったりします。
(経済的)鎖国状態が終わって数年のミャンマーとかがそうです。

 

途中まで頑張ってお金をとろうと悪い人っぽくするけれど
10分ぐらいで化けの皮がはがれて普通に良い人になります。

 

キルギスのミニバスの運転手は
現地人に30ソムと言いましたが私に40ソムだと言い、
しかも大きい荷物も40ソムだから合計で80ソムだと言いました。
了解して乗って、200ソム札を渡したら
150ソム返ってきました。
なぜ・・・?

 

 

写真はミャンマーの相乗りタクシーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

関連記事

  1. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  2. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  3. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  4. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  5. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  6. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  7. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  8. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP