ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

 

海外のタクシーのドライバーたちは
だいたいみんなぼったくり顔である(ことが多いです)。

 

でも国によってまだ悪い顔になりきれてなかったりします。
(経済的)鎖国状態が終わって数年のミャンマーとかがそうです。

 

途中まで頑張ってお金をとろうと悪い人っぽくするけれど
10分ぐらいで化けの皮がはがれて普通に良い人になります。

 

キルギスのミニバスの運転手は
現地人に30ソムと言いましたが私に40ソムだと言い、
しかも大きい荷物も40ソムだから合計で80ソムだと言いました。
了解して乗って、200ソム札を渡したら
150ソム返ってきました。
なぜ・・・?

 

 

写真はミャンマーの相乗りタクシーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

関連記事

  1. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  2. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  7. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP