ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

 

海外のタクシーのドライバーたちは
だいたいみんなぼったくり顔である(ことが多いです)。

 

でも国によってまだ悪い顔になりきれてなかったりします。
(経済的)鎖国状態が終わって数年のミャンマーとかがそうです。

 

途中まで頑張ってお金をとろうと悪い人っぽくするけれど
10分ぐらいで化けの皮がはがれて普通に良い人になります。

 

キルギスのミニバスの運転手は
現地人に30ソムと言いましたが私に40ソムだと言い、
しかも大きい荷物も40ソムだから合計で80ソムだと言いました。
了解して乗って、200ソム札を渡したら
150ソム返ってきました。
なぜ・・・?

 

 

写真はミャンマーの相乗りタクシーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

関連記事

  1. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  2. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  5. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  6. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  7. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP