ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

 

海外のタクシーのドライバーたちは
だいたいみんなぼったくり顔である(ことが多いです)。

 

でも国によってまだ悪い顔になりきれてなかったりします。
(経済的)鎖国状態が終わって数年のミャンマーとかがそうです。

 

途中まで頑張ってお金をとろうと悪い人っぽくするけれど
10分ぐらいで化けの皮がはがれて普通に良い人になります。

 

キルギスのミニバスの運転手は
現地人に30ソムと言いましたが私に40ソムだと言い、
しかも大きい荷物も40ソムだから合計で80ソムだと言いました。
了解して乗って、200ソム札を渡したら
150ソム返ってきました。
なぜ・・・?

 

 

写真はミャンマーの相乗りタクシーです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

関連記事

  1. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  2. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  3. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  4. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  5. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  6. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  8. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP