台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

台湾は九份のしょっぱいコーヒー

台湾の九份で 『Special salt』 という
しょっぱいしょっぱいコーヒーを飲む。

 

泡はカプチーノ。
でも口に含むとガリッガリッとしょっぱいだけじゃない塩の甘み。
汗をかいているからか、これが意外に美味しい。

 

苦味+塩みの食べ物って中々ない。
あるならそれは毒か、くさったみかんとか?
何でもやってみるものだ。

 

でもここで一番覚えているのは
ボロボロの小屋に優しいお姉さんの笑顔とウェルカムな雰囲気。
初めて小屋を見たとき、つい写真を撮ってじっと見てしまった私に、
窓から挨拶してくれた。
全部ひっくるめて、あぁおいしかった。

 

写真はカフェ小屋の中。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾一周自転旅あるある2。

インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

関連記事

  1. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  2. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  3. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  4. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  5. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  6. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  7. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP