台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

台湾は九份のしょっぱいコーヒー

台湾の九份で 『Special salt』 という
しょっぱいしょっぱいコーヒーを飲む。

 

泡はカプチーノ。
でも口に含むとガリッガリッとしょっぱいだけじゃない塩の甘み。
汗をかいているからか、これが意外に美味しい。

 

苦味+塩みの食べ物って中々ない。
あるならそれは毒か、くさったみかんとか?
何でもやってみるものだ。

 

でもここで一番覚えているのは
ボロボロの小屋に優しいお姉さんの笑顔とウェルカムな雰囲気。
初めて小屋を見たとき、つい写真を撮ってじっと見てしまった私に、
窓から挨拶してくれた。
全部ひっくるめて、あぁおいしかった。

 

写真はカフェ小屋の中。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾一周自転旅あるある2。

インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

関連記事

  1. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  2. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  3. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  4. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  6. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  7. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  8. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP