とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

台湾で夏を過ごしていたとき、
普段はマレーシアに住んでいる人から
「8月になると、台湾にはもの凄く甘いフルーツが出回る」
と聞きました。

 

なんでも実はクリーミーでかつシャリシャリとしていて、
カスタードクリームみたいなとっても甘いフルーツだと。
それを食べるために台湾に来たと言っても過言ではない、
とかなんとか。

 

20分ぐらいそのフルーツのおいしさを語られました。
その人の甘い果物を語る情熱的な目と、
その果物の形がお釈迦さんの頭のようだ、
という全く想像できない未知の食べ物に対して
いつか会えるかな、とその時は思っていました。

 

それから8月になり、私は台湾一周の自転車の旅に出ます。
台北から時計回りに1/3ぐらい進むと、台東県に入りました。
海岸沿いから山越え用のルートに向かって走っていると、
道路の端に山ずみに置かれた何か。
それが至る所にあって、
とうとう気になって自転車を停めてじっと見てしまいました。

 

そしたらお店の人がやって来て、
「食べてごらん、自転車頑張ってね」
と一つくれました。
あれ、これなんだか螺髪(釈迦の頭)っぽい?
と思って、思い出しました。
これは・・・!

 

そう、とっても甘い釈迦の頭のフルーツです。
お店の人が、釈迦頭(果物の名前)は
この辺りが名産なんだよと
教えてくれました。

 

食べるとなめらかな触感の中にシャリシャリがあって、
練乳みたいに濃い甘さ。
冷やすときっと甘いシャーベットみたいになりそうな。
ほろほろと実が取れて手だけで食べられます。

 

車が何台も停まって、何箱も釈迦を買っていくお客さんたち。
食べられたらいいなぁ、と思っていたものに出会えて、
一つ頂いて、自転車の旅を応援してもらって、、
熱くて汗だくだったけれど、
とても幸せな気持ちになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンランドのムーミン谷でムーミンの物語に入り込む

モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

関連記事

  1. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  2. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  3. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  4. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  5. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  6. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  7. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  8. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP