台湾一周自転旅あるある2。

台湾を自転車で一周中あるある2。

友達の家まで50キロ。
道行くおじさんにここに行きたいんだと尋ねたら

「很遠!(めっちゃ遠い!)」と言いながら、
反対の方向を教えてもらいました。

15分走って警察署で再確認。
自分のカンの勝利。

気にせずさあ進もう!

(写真は台湾の蘭島で会ったヒッチハイカーの家。
彼らはカウチサーフィンを使い、ヒッチハイクをしながら台湾を旅する。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾一周自転旅あるある

台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

関連記事

  1. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  2. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  4. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  5. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  6. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  7. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  8. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP