台湾一周自転旅あるある2。

台湾を自転車で一周中あるある2。

友達の家まで50キロ。
道行くおじさんにここに行きたいんだと尋ねたら

「很遠!(めっちゃ遠い!)」と言いながら、
反対の方向を教えてもらいました。

15分走って警察署で再確認。
自分のカンの勝利。

気にせずさあ進もう!

(写真は台湾の蘭島で会ったヒッチハイカーの家。
彼らはカウチサーフィンを使い、ヒッチハイクをしながら台湾を旅する。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾一周自転旅あるある

台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

関連記事

  1. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  2. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  3. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  4. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  5. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  6. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  7. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

  8. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP