台湾一周自転旅あるある2。

台湾を自転車で一周中あるある2。

友達の家まで50キロ。
道行くおじさんにここに行きたいんだと尋ねたら

「很遠!(めっちゃ遠い!)」と言いながら、
反対の方向を教えてもらいました。

15分走って警察署で再確認。
自分のカンの勝利。

気にせずさあ進もう!

(写真は台湾の蘭島で会ったヒッチハイカーの家。
彼らはカウチサーフィンを使い、ヒッチハイクをしながら台湾を旅する。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾一周自転旅あるある

台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

関連記事

  1. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  2. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  3. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  4. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  5. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  7. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  8. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP