東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが
「君はジャーナリストか?」
と尋ねてきたことがありました。
私の行動や写真からそう思ったそうです。

 

私は ”I do nothing but travel.” (旅以外何もしていないよ。)
と言いました。

 

そしたら ”It’s the perfect job.” だそうです。

 

50代ぐらいの芸術家が、
「普通は年をとってから
仕事などに自分の生命を削っていることに気づき、
人生を変えようとするときに遅すぎることに気づくのだよ。」
と話しました。

 

彼はカンボジアでボランティアとして子どもたちに
英語やアートを教えていました。
子どもが作ったアート作品をポストカードにして売り、
子どもたちをサポートしています。

 

考古学者は70代に見える、豊かな白髪を持つ人でした。
現場で手書きで仕事をしていた彼は、
コンピューターが使われるようになって世代交代を思い、
現役を退いたそうです。

 

未だに使い捨てカメラを使って一枚一枚真剣に写真をとり、
時々ラオスのルアンパバーンなどの古い町で長く滞在しながら
絵を書いて旅をしていました。

 

彼らはみんな、彼らが出来ること、やりたいことを
全てやっているようでした。

 

彼らだって凄く若いわけではないけれど、
やりたいことを精一杯しています。

 

だとしたらやっぱり「遅すぎることに気づく」というのは
主観的な感覚なのだと思います。

 

美しくてパワフルな彼らを思い出すと
彼らに自分の未来を重ね、背中を押されます。

 

写真はアンコールワット遺跡群です。
時々とても穏やかな表情や楽しそうな表情をしているものを見つけます。
それを作った人がどんな人でどんな風に作ったのかを想像して、
彼らが作った町がどんなものだったのかに思いをはせながら見て回りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネパール人に学ぶ幸せの法則

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

関連記事

  1. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  2. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  5. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  6. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  7. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  8. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP