山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

 

 

見渡す限りが山で、その斜面全部が棚田になっている場所が
ベトナムに近い中国雲南省、元陽にある。

 

そこに住む人たちは漢民族ではなく、
ハニという民族で、青い服を着ている。

 

 

山の途中から見渡す限りの美しい棚田を眺めていると、
遠い麓に帽子のようなものが動いているのが見えた。

 

 

耳を澄ますと、カシュッカシュッと何かを刈る音と、
かすかに人の話し声が聞こえる。
けれど肉眼では人間の姿は見えない。
帽子は移動し続けている。

 

 

どのくらい時間がたっただろうか。
その帽子は段々畑を登ってこちらに近づいてきた。

 

 

やがて自分の側まで来て、
数メートル離れた所に腰を落ち着かせた。
背には山積みの野菜や草を背負い、顔はよく日に焼け、
シワが見えた。

 

 

あいさつをして言葉を交わすとこぼれる笑顔から
多分20歳代だろうと予測する。
清らかな、誇りを感じる笑顔。

 

 

彼女は1分ほど休むとまた棚田を登り始めた。
その横顔は私のことや他のことに目もくれず、
ただ一歩一歩進むことに集中していた。
道路を渡り更に上の棚田へと登っていく。

 

 

どうやってこの小さな家の群衆が、この広大な土地を
美しく保っているのか、と想像もつかなかったけれど、
人間の手で、足で、一歩一歩運んで作られていた。

 

 

写真はその棚田の朝の様子。
雨季になると全ての山肌が水田となり、陽の光を受け輝く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

側に象がいる暮らし in ラオス

関連記事

  1. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  2. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  3. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  4. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  5. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  7. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  8. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP