気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。
そしてよくスラれます。

実は、一度スリのやり方を見せてもらったことがあります。

 

横断歩道を渡っている子の耳もとで手をパンッと鳴らし、
その子が驚いてきょろきょろしだした隙に、取っていました。
とても簡単です。

 

だいたい周りばかりキョロキョロ見ていて
注意力散漫な子が狙い目だそうです。

 

長期休暇に旅をする方々、
気を付けて、良い旅を!

 

写真はタイ北西部に暮らすカレン族(首長族)の村にて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チベットで3人の悪ガキと友達になった話

海外で運転していて危なかった話

関連記事

  1. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  2. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  3. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  4. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  5. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  6. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  7. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  8. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP