タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。
のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。

 

バス停はどこですか、って聞くと
時間あるからご飯食べていきなよって
ご飯をいただいたり、
バスの時間になったらバイクで送ってくれたりと、
田舎の人の好さを感じられる場所です。

 

郊外に中国村と首長族の村があって、
そこを訪れるためにきたのですが、
小さなおサルさんを飼っている
元カメラマンのガイドさんが
バイクで色々と連れていってくれることになりました。

 

首長族の人たちは親ザルを食べるそうで、
子ザルはいらないということで
ガイドさんが引き取って育てることにしたそうです。

 

道中に、食用のアリの卵をとっている人や
水牛を散歩させている人や
何かの穂を干している人などに
話しかけながらあっちへこっちへ進みます。

 

私の興味があるところや、カメラをかまえたら
気づいてバイクを停めてくれます。
よく気が付くなぁと。

 

たくさんの青い魚がいる寺、
温泉、植物園、
鹿と子羊と触れ合えるところ、
中国村、首長族の村、
などを訪れ、最後は夕日を見に高台の寺に。

 

一日中あっちへこっちへ行き、
地元の人や動物と触れ合わせてくれ、
良いガイドさんだなあと。

 

何よりガイドさんのヘルメットの文字が良くて、
バイクの後ろに乗るたびに
うん、その通りだ、と心に刻んでいました。
Life is Action!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

安くスペイン語が習える町にいるメキシコのお母さんの話

関連記事

  1. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  2. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  5. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  6. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  7. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  8. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP