タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。
のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。

 

バス停はどこですか、って聞くと
時間あるからご飯食べていきなよって
ご飯をいただいたり、
バスの時間になったらバイクで送ってくれたりと、
田舎の人の好さを感じられる場所です。

 

郊外に中国村と首長族の村があって、
そこを訪れるためにきたのですが、
小さなおサルさんを飼っている
元カメラマンのガイドさんが
バイクで色々と連れていってくれることになりました。

 

首長族の人たちは親ザルを食べるそうで、
子ザルはいらないということで
ガイドさんが引き取って育てることにしたそうです。

 

道中に、食用のアリの卵をとっている人や
水牛を散歩させている人や
何かの穂を干している人などに
話しかけながらあっちへこっちへ進みます。

 

私の興味があるところや、カメラをかまえたら
気づいてバイクを停めてくれます。
よく気が付くなぁと。

 

たくさんの青い魚がいる寺、
温泉、植物園、
鹿と子羊と触れ合えるところ、
中国村、首長族の村、
などを訪れ、最後は夕日を見に高台の寺に。

 

一日中あっちへこっちへ行き、
地元の人や動物と触れ合わせてくれ、
良いガイドさんだなあと。

 

何よりガイドさんのヘルメットの文字が良くて、
バイクの後ろに乗るたびに
うん、その通りだ、と心に刻んでいました。
Life is Action!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

安くスペイン語が習える町にいるメキシコのお母さんの話

関連記事

  1. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  2. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  3. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  4. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

  5. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  6. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  7. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP