タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。
のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。

 

バス停はどこですか、って聞くと
時間あるからご飯食べていきなよって
ご飯をいただいたり、
バスの時間になったらバイクで送ってくれたりと、
田舎の人の好さを感じられる場所です。

 

郊外に中国村と首長族の村があって、
そこを訪れるためにきたのですが、
小さなおサルさんを飼っている
元カメラマンのガイドさんが
バイクで色々と連れていってくれることになりました。

 

首長族の人たちは親ザルを食べるそうで、
子ザルはいらないということで
ガイドさんが引き取って育てることにしたそうです。

 

道中に、食用のアリの卵をとっている人や
水牛を散歩させている人や
何かの穂を干している人などに
話しかけながらあっちへこっちへ進みます。

 

私の興味があるところや、カメラをかまえたら
気づいてバイクを停めてくれます。
よく気が付くなぁと。

 

たくさんの青い魚がいる寺、
温泉、植物園、
鹿と子羊と触れ合えるところ、
中国村、首長族の村、
などを訪れ、最後は夕日を見に高台の寺に。

 

一日中あっちへこっちへ行き、
地元の人や動物と触れ合わせてくれ、
良いガイドさんだなあと。

 

何よりガイドさんのヘルメットの文字が良くて、
バイクの後ろに乗るたびに
うん、その通りだ、と心に刻んでいました。
Life is Action!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

安くスペイン語が習える町にいるメキシコのお母さんの話

関連記事

  1. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  3. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  4. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  5. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  6. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  7. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  8. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP