タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。
のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。

 

バス停はどこですか、って聞くと
時間あるからご飯食べていきなよって
ご飯をいただいたり、
バスの時間になったらバイクで送ってくれたりと、
田舎の人の好さを感じられる場所です。

 

郊外に中国村と首長族の村があって、
そこを訪れるためにきたのですが、
小さなおサルさんを飼っている
元カメラマンのガイドさんが
バイクで色々と連れていってくれることになりました。

 

首長族の人たちは親ザルを食べるそうで、
子ザルはいらないということで
ガイドさんが引き取って育てることにしたそうです。

 

道中に、食用のアリの卵をとっている人や
水牛を散歩させている人や
何かの穂を干している人などに
話しかけながらあっちへこっちへ進みます。

 

私の興味があるところや、カメラをかまえたら
気づいてバイクを停めてくれます。
よく気が付くなぁと。

 

たくさんの青い魚がいる寺、
温泉、植物園、
鹿と子羊と触れ合えるところ、
中国村、首長族の村、
などを訪れ、最後は夕日を見に高台の寺に。

 

一日中あっちへこっちへ行き、
地元の人や動物と触れ合わせてくれ、
良いガイドさんだなあと。

 

何よりガイドさんのヘルメットの文字が良くて、
バイクの後ろに乗るたびに
うん、その通りだ、と心に刻んでいました。
Life is Action!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

安くスペイン語が習える町にいるメキシコのお母さんの話

関連記事

  1. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  2. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  3. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  4. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  5. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  7. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  8. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP