インドとネパール国境の人懐こい人たち

インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村

インドとネパールの国境あたりに
ミティラアートという家壁に絵を描く習慣のある小さな村、クワ村があると知った。
その壁画がとてもユニークで、見に行きたくなった。

 

ジャナカプールという町で泊まっていた宿から10キロ弱らしい。
バスで1時間ほどかかった。
10km/h え?
・・・まぁいいか。

外国人が来ることが少ないのか、村を歩いていると子供たちが
集まってくる。付いてくる。
大人もはしゃいで写真に写る。

ミティラアートというか人々との交流を堪能した。

帰りの鉄道が確か4時にあると聞いていたが、
夕方4時ごろ鉄道もバスももうないと言われ。。

仕方なく線路を歩いて帰路についた。

途中までは草を頭に乗せている人たちと同じ方向に進んだ。
早歩きで1時間半、真っ暗になる前に到着。感動。
スプライトが凄く美味しい。。

線路は時々川を越える。
真っ暗になると足を踏み外せば川に落ちることになる。
夜までによく帰ってこれたなぁ。

ここでは人から聞く情報の30~50%はあっている。
(半分以上は違う。)
よく考えて予測したら当たりを引くこともある。
うん、やはり言葉の壁があっても人がフレンドリーなところでは
そのぐらいの正解率の情報を人は教えてくれると思う。
おしいんだけどなぁ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

東チベットの宿事情。

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  2. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  3. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  4. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  5. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  6. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  7. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  8. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP