インドとネパール国境の人懐こい人たち

インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村

インドとネパールの国境あたりに
ミティラアートという家壁に絵を描く習慣のある小さな村、クワ村があると知った。
その壁画がとてもユニークで、見に行きたくなった。

 

ジャナカプールという町で泊まっていた宿から10キロ弱らしい。
バスで1時間ほどかかった。
10km/h え?
・・・まぁいいか。

外国人が来ることが少ないのか、村を歩いていると子供たちが
集まってくる。付いてくる。
大人もはしゃいで写真に写る。

ミティラアートというか人々との交流を堪能した。

帰りの鉄道が確か4時にあると聞いていたが、
夕方4時ごろ鉄道もバスももうないと言われ。。

仕方なく線路を歩いて帰路についた。

途中までは草を頭に乗せている人たちと同じ方向に進んだ。
早歩きで1時間半、真っ暗になる前に到着。感動。
スプライトが凄く美味しい。。

線路は時々川を越える。
真っ暗になると足を踏み外せば川に落ちることになる。
夜までによく帰ってこれたなぁ。

ここでは人から聞く情報の30~50%はあっている。
(半分以上は違う。)
よく考えて予測したら当たりを引くこともある。
うん、やはり言葉の壁があっても人がフレンドリーなところでは
そのぐらいの正解率の情報を人は教えてくれると思う。
おしいんだけどなぁ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

東チベットの宿事情。

関連記事

  1. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  2. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  3. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  4. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  5. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  6. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  7. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  8. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP