インドとネパール国境の人懐こい人たち

インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村

インドとネパールの国境あたりに
ミティラアートという家壁に絵を描く習慣のある小さな村、クワ村があると知った。
その壁画がとてもユニークで、見に行きたくなった。

 

ジャナカプールという町で泊まっていた宿から10キロ弱らしい。
バスで1時間ほどかかった。
10km/h え?
・・・まぁいいか。

外国人が来ることが少ないのか、村を歩いていると子供たちが
集まってくる。付いてくる。
大人もはしゃいで写真に写る。

ミティラアートというか人々との交流を堪能した。

帰りの鉄道が確か4時にあると聞いていたが、
夕方4時ごろ鉄道もバスももうないと言われ。。

仕方なく線路を歩いて帰路についた。

途中までは草を頭に乗せている人たちと同じ方向に進んだ。
早歩きで1時間半、真っ暗になる前に到着。感動。
スプライトが凄く美味しい。。

線路は時々川を越える。
真っ暗になると足を踏み外せば川に落ちることになる。
夜までによく帰ってこれたなぁ。

ここでは人から聞く情報の30~50%はあっている。
(半分以上は違う。)
よく考えて予測したら当たりを引くこともある。
うん、やはり言葉の壁があっても人がフレンドリーなところでは
そのぐらいの正解率の情報を人は教えてくれると思う。
おしいんだけどなぁ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

東チベットの宿事情。

関連記事

  1. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  2. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

  3. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  4. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  5. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  6. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  7. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  8. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP