ネパール人に学ぶ幸せの法則

ネパールのヒッピーテンプルで出会った
カルマの話をしてくれたネパールのおじさんは
ネパール政府のふがいなさを話しました。

 

その年のネパールには毎日13時間の停電があって、
もっとひどい年もあるそうです。

 

だから人々はあまり働くことができず、
人々は(※)ヒッピーテンプルに集まり話をしているのだそうです。

(※昔ジョンレノンやボブマーリーが
毎日朝から草をやって良い音楽に囲まれて過ごした場所だから
ヒッピーテンプルと呼ぶようになったと言いました。
真実は分かりませんが、ネパールではこの物語を時々耳にします。)

 

けれどおじさんはこう言いました。

「人々は政府のふがいなさを話し、生活も貧しい、
けれど幸せだ。
話す時間があり互いを理解する時間がある。
それがとても幸せなことだ。」

 

写真は地震が起こる2年前に撮ったものです。
少しずつでも、おじさんが幸せだと思う日々に
向かっていってほしいと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

関連記事

  1. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  2. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

  3. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  4. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  5. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  6. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  7. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP