ネパール人に学ぶ幸せの法則

ネパールのヒッピーテンプルで出会った
カルマの話をしてくれたネパールのおじさんは
ネパール政府のふがいなさを話しました。

 

その年のネパールには毎日13時間の停電があって、
もっとひどい年もあるそうです。

 

だから人々はあまり働くことができず、
人々は(※)ヒッピーテンプルに集まり話をしているのだそうです。

(※昔ジョンレノンやボブマーリーが
毎日朝から草をやって良い音楽に囲まれて過ごした場所だから
ヒッピーテンプルと呼ぶようになったと言いました。
真実は分かりませんが、ネパールではこの物語を時々耳にします。)

 

けれどおじさんはこう言いました。

「人々は政府のふがいなさを話し、生活も貧しい、
けれど幸せだ。
話す時間があり互いを理解する時間がある。
それがとても幸せなことだ。」

 

写真は地震が起こる2年前に撮ったものです。
少しずつでも、おじさんが幸せだと思う日々に
向かっていってほしいと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

関連記事

  1. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  3. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  4. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  5. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  6. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  8. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP