ネパール人に学ぶ幸せの法則

ネパールのヒッピーテンプルで出会った
カルマの話をしてくれたネパールのおじさんは
ネパール政府のふがいなさを話しました。

 

その年のネパールには毎日13時間の停電があって、
もっとひどい年もあるそうです。

 

だから人々はあまり働くことができず、
人々は(※)ヒッピーテンプルに集まり話をしているのだそうです。

(※昔ジョンレノンやボブマーリーが
毎日朝から草をやって良い音楽に囲まれて過ごした場所だから
ヒッピーテンプルと呼ぶようになったと言いました。
真実は分かりませんが、ネパールではこの物語を時々耳にします。)

 

けれどおじさんはこう言いました。

「人々は政府のふがいなさを話し、生活も貧しい、
けれど幸せだ。
話す時間があり互いを理解する時間がある。
それがとても幸せなことだ。」

 

写真は地震が起こる2年前に撮ったものです。
少しずつでも、おじさんが幸せだと思う日々に
向かっていってほしいと願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

関連記事

  1. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  2. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  3. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  4. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  6. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  7. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  8. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP