ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶

 

インドにほど近い、ネパールはルンビニにブッタが生まれたと言われる地があります。
そのブッダが生まれた場所のすぐ近くに見事な菩提樹がありました。
その菩提樹と周りの木々たちにはたくさんのタルチョが掛けられています。

その菩提樹のそばに座って、
スマートフォンを触っている僧が話しかけてきました。

これからインドに行くことを話すと一緒に行くと言い、
自分がボーイフレンドになると言います。
うーん、全くもって僧ではないような、僧をやめたいような物言いです。

カッコも表情も怠惰な彼は、この神聖であろう地で
何を見て聞いて、思ったのでしょうか。

でもお香をくれ、お経を唱えながらタコ糸を右手に巻いてくれました。

環境は人の人格に影響を与えるそうですが、
神聖で尊い場と人々に思われているところの、
真ん中に近いところで過ごす人たちで
徳の高い人と感じたことが、まだありません。

これは旅をしていて驚いたことの一つです。

でもその真ん中より端っこにいる人たち、
一般人とか下っ端であろうお坊さんに、
彼らの信仰心や善良さに頭が下がる思いを時々します。

心が穏やかなのはどちらなのでしょうか。
私は自分の信じる善良さで心穏やかに生きたい、と願っています。

写真はその菩提樹と僧侶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

「旅行業務取扱管理者」という国家資格

関連記事

  1. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  3. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  4. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  6. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  7. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  8. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP