ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶

 

インドにほど近い、ネパールはルンビニにブッタが生まれたと言われる地があります。
そのブッダが生まれた場所のすぐ近くに見事な菩提樹がありました。
その菩提樹と周りの木々たちにはたくさんのタルチョが掛けられています。

その菩提樹のそばに座って、
スマートフォンを触っている僧が話しかけてきました。

これからインドに行くことを話すと一緒に行くと言い、
自分がボーイフレンドになると言います。
うーん、全くもって僧ではないような、僧をやめたいような物言いです。

カッコも表情も怠惰な彼は、この神聖であろう地で
何を見て聞いて、思ったのでしょうか。

でもお香をくれ、お経を唱えながらタコ糸を右手に巻いてくれました。

環境は人の人格に影響を与えるそうですが、
神聖で尊い場と人々に思われているところの、
真ん中に近いところで過ごす人たちで
徳の高い人と感じたことが、まだありません。

これは旅をしていて驚いたことの一つです。

でもその真ん中より端っこにいる人たち、
一般人とか下っ端であろうお坊さんに、
彼らの信仰心や善良さに頭が下がる思いを時々します。

心が穏やかなのはどちらなのでしょうか。
私は自分の信じる善良さで心穏やかに生きたい、と願っています。

写真はその菩提樹と僧侶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

「旅行業務取扱管理者」という国家資格

関連記事

  1. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

  2. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  3. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  4. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  5. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  6. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  7. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  8. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP