ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶

 

インドにほど近い、ネパールはルンビニにブッタが生まれたと言われる地があります。
そのブッダが生まれた場所のすぐ近くに見事な菩提樹がありました。
その菩提樹と周りの木々たちにはたくさんのタルチョが掛けられています。

その菩提樹のそばに座って、
スマートフォンを触っている僧が話しかけてきました。

これからインドに行くことを話すと一緒に行くと言い、
自分がボーイフレンドになると言います。
うーん、全くもって僧ではないような、僧をやめたいような物言いです。

カッコも表情も怠惰な彼は、この神聖であろう地で
何を見て聞いて、思ったのでしょうか。

でもお香をくれ、お経を唱えながらタコ糸を右手に巻いてくれました。

環境は人の人格に影響を与えるそうですが、
神聖で尊い場と人々に思われているところの、
真ん中に近いところで過ごす人たちで
徳の高い人と感じたことが、まだありません。

これは旅をしていて驚いたことの一つです。

でもその真ん中より端っこにいる人たち、
一般人とか下っ端であろうお坊さんに、
彼らの信仰心や善良さに頭が下がる思いを時々します。

心が穏やかなのはどちらなのでしょうか。
私は自分の信じる善良さで心穏やかに生きたい、と願っています。

写真はその菩提樹と僧侶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

「旅行業務取扱管理者」という国家資格

関連記事

  1. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  2. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  3. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  4. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  6. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  7. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP