世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

ネパールとインドをつなぐ列車が走る、
もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。
人々も見た目はインド人と見分けがあまりつきません。

 

でも「ナマステ」は全然伝わらず、
むしろ「ハロー」の方が良い反応をもらいます。

 

どの人にどの言葉を使えば良いか考えた結果、
最終的に原点に戻りました。

 

一番自然にやれて、
相手も私が伝えたいことを分かっている様子です。

 

日本式おじぎ。
と、「バイバイ」

 

どこでも通じるこれらは、
素晴らしいあいさつと感謝を伝えるツールだなぁと思います。

 

写真はネパールの頭でものを運ぶ人たちです。
自分で時々やってみるのですがうまくいきません。
みんな器用だなぁとよく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で運転していて危なかった話

危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

関連記事

  1. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  2. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  3. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  4. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  5. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  7. インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

    バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所インドのマザーハウスの無料診療所では週…

  8. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP