世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

ネパールとインドをつなぐ列車が走る、
もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。
人々も見た目はインド人と見分けがあまりつきません。

 

でも「ナマステ」は全然伝わらず、
むしろ「ハロー」の方が良い反応をもらいます。

 

どの人にどの言葉を使えば良いか考えた結果、
最終的に原点に戻りました。

 

一番自然にやれて、
相手も私が伝えたいことを分かっている様子です。

 

日本式おじぎ。
と、「バイバイ」

 

どこでも通じるこれらは、
素晴らしいあいさつと感謝を伝えるツールだなぁと思います。

 

写真はネパールの頭でものを運ぶ人たちです。
自分で時々やってみるのですがうまくいきません。
みんな器用だなぁとよく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で運転していて危なかった話

危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  2. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  3. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  4. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  5. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  6. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  7. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  8. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP