世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

ネパールとインドをつなぐ列車が走る、
もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。
人々も見た目はインド人と見分けがあまりつきません。

 

でも「ナマステ」は全然伝わらず、
むしろ「ハロー」の方が良い反応をもらいます。

 

どの人にどの言葉を使えば良いか考えた結果、
最終的に原点に戻りました。

 

一番自然にやれて、
相手も私が伝えたいことを分かっている様子です。

 

日本式おじぎ。
と、「バイバイ」

 

どこでも通じるこれらは、
素晴らしいあいさつと感謝を伝えるツールだなぁと思います。

 

写真はネパールの頭でものを運ぶ人たちです。
自分で時々やってみるのですがうまくいきません。
みんな器用だなぁとよく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で運転していて危なかった話

危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

関連記事

  1. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  2. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  3. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  4. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  5. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  7. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  8. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP