世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

ネパールとインドをつなぐ列車が走る、
もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。
人々も見た目はインド人と見分けがあまりつきません。

 

でも「ナマステ」は全然伝わらず、
むしろ「ハロー」の方が良い反応をもらいます。

 

どの人にどの言葉を使えば良いか考えた結果、
最終的に原点に戻りました。

 

一番自然にやれて、
相手も私が伝えたいことを分かっている様子です。

 

日本式おじぎ。
と、「バイバイ」

 

どこでも通じるこれらは、
素晴らしいあいさつと感謝を伝えるツールだなぁと思います。

 

写真はネパールの頭でものを運ぶ人たちです。
自分で時々やってみるのですがうまくいきません。
みんな器用だなぁとよく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外で運転していて危なかった話

危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

関連記事

  1. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  2. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  3. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  4. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  5. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  6. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  7. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  8. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP