モンゴル人にとってのお風呂

ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルでは
お風呂やシャワーを浴びる、
という習慣がありません。

旅行者が泊まる宿には置いていますが、
井戸から水を汲んでタンクまで運ぶなど、
けっこうな労力がいります。
なので宿代とは別料金のことが多いですね。

ではモンゴル人はどう体を清潔にしているのでしょうか?
シャワーを浴びている様子はないのに
清潔に見えます。

どうやら湿度が低いため肌がサラッとしているのと、
タオルで体を拭いているそうです。
1~2週間に1回ほど。。

たまにヤクと同じ匂いがするモンゴル人がいましたが、
彼らにとってはきっとそれが自然なのでしょう。

モンゴルでのゲル住まいが続いたとき、
湖に行きバケツで水を汲み、
それを火でわかし、
バケツ一杯の湯を頭から足先までに分けて使うことになります。
それでウロコがはがれたみたいに体も心も軽く感じます。

もしくは、熱い湯でしぼったタオルで拭きます。
これもまた良いものです。

モンゴルの乾燥した大地でカサカサの肌に、
蒸気の出ているタオルを顔に乗せ拭いてみると
信じられないほど気持ちがいいです。

これが一番欲しかったものだ、と言えるほどです。
天国にはきっと温泉があるに違いない、と思いました。
ということは、あれ、日本って天国なのでは?

1~2年に1度日本に帰るとき、
お風呂に入る前はドキドキします。

あぁ、天国がある、と。
お湯に浸かった時の全身のしびれは最高です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グアテマラの「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖畔の宿

台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

関連記事

  1. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  2. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  3. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  4. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  5. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  6. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  7. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  8. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP