ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

 

モンゴルの乗り合いバス(ワゴン)では、
ウォッカがまわってくる(ことがある。)
一つのコップで乗客みんなで回し飲みをします。

そして私はお酒が飲めません。
しかし目の前にはすでに3mmほど注がれたウォッカ
が入っているコップが。

おかしいですね。
飲めないと断った女の子たちには了解していたのに
なぜ私の”飲めない”は伝わらなかったのでしょうか・・・。

文化交流は好きです。
人々と交流するのも好きです。
彼らの中に悪い人はいなさそうです。

よし。

とウォッカを口にふくみます。
・・・ふくんだ瞬間吹き出しそうになりました。

あっつ、まっず・・・。

瞬時に顔が熱くなります。
意味が分からないものが体内に入った、と身体は驚き、
意識があいまいになっていきました。

それから私にウォッカは回ってこなくなりました。
うん、言葉より実証して見せた方が早いこともありますね。

写真はモンゴルの車窓から。
子どもたちは平日学校がある町に滞在しますが、
週末になると家族がいる家に戻ります。
この日は週末で、トラックの荷台に乗って
みんな嬉しそうにしていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコの「青い水」が「茶色の水」だった話

チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

関連記事

  1. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  2. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  4. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  5. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  7. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  8. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP