中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット

 

東チベットのセルタも例にもれず、中国政府の警察が
チベット人たちが反政府的な行為をしないか
目を光らせていた。

外国人がいるといちゃもんを付けたり、なんだかやっかい
な存在である。

しかし、彼らの動きが劇的に悪くなるときがある。
取り締まっている様子もなければ
外国人を見ても動かず見て見ぬふり。
じっとしている。

1月の東チベットの様子である。

そう、寒いのである。
もう色んなことがどうでもよくなるぐらい寒い。

宿のベッドには電気毛布がひかれているが、
全力を出してもらっても、凍ってはいないが、
冷たくもなければ暖かくもない。
温度が低すぎてこれが限界らしい。

そこで中国雲南省で買った、
ー17℃まで許容範囲の寝袋の登場である。

全力の電気毛布と寝袋と4枚の布団をかぶった。

・・・結果、寒さで足先がしびれて痛い。

やはり中国産の-17℃までOKとかウソだった・・・。
とか思いつつ残り少ないホッカイロを出して
ようやく浅い眠りにつけた。

顔・頭を寝袋の外に出せなくて(寒すぎて)
浅い眠りになる(寒すぎて)。
酸素不足でちょっと気持ち悪くなっても
ちょっと隙間開けて息吸ってすぐ閉める。
海の中の哺乳類にでもなった気分だ。

その日の気温がー18℃だったよと翌日のニュースで知り、
中国産だけの問題じゃなかったのか・・・とちょっと脱力。

この話を道産子の友達に話したら、
「あぁ北海道の冬みたいだね」って・・・。
北海道すごーーーーー!!!!!

写真はセルタにあるニンマ派最大級の赤の僧院群
「ラルン・ガル・ゴンパ」
寒かろうが雪が積もろうがチべタンたちは祈る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東チベットの宿事情。

山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

関連記事

  1. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  4. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  5. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  6. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP