ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 

南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言われる地域を訪れました。

 

初めて見たときは廃墟のように感じたワットプーにはたくさんのお供え物がされていました。
ここでもヒンドゥー教の美しい彫を見られますが、
あれ、どこかで見たことあるようなものが・・・

「あ、アンパンマンだ!」

と私が言うと、一緒に訪れていた韓国の女の子が

「ホッパンメン!」

と声をあげました。
ホッパンメンとは韓国語でアンパンマンのことだそうです。

寺院のあちこちにアンパンマンが並んでいます。
(多分違いますが)何千年も前からここを守っているアンパンマン・・・
出会えて嬉しくなりました。

 

アンコールワットを建設したクメール民族発祥の地と言われるチャンパサックでは、
豊かな滝から森の中のような家や独特の風習が見られますが、
なかでも耳に大きな穴が開いた人たちの衣装が温かみがあって好きだと思いました。

 

自分たちで作った楽器を弾いて楽しそうに歌う人たちの
今でも自分たちの風習を守りながら楽しく生活している様子が
とても良い暮らしだなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

マチュピチュの意味とは?何のために造られたのか?

関連記事

  1. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  2. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  3. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  4. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  5. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  6. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

  7. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP