ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 

南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言われる地域を訪れました。

 

初めて見たときは廃墟のように感じたワットプーにはたくさんのお供え物がされていました。
ここでもヒンドゥー教の美しい彫を見られますが、
あれ、どこかで見たことあるようなものが・・・

「あ、アンパンマンだ!」

と私が言うと、一緒に訪れていた韓国の女の子が

「ホッパンメン!」

と声をあげました。
ホッパンメンとは韓国語でアンパンマンのことだそうです。

寺院のあちこちにアンパンマンが並んでいます。
(多分違いますが)何千年も前からここを守っているアンパンマン・・・
出会えて嬉しくなりました。

 

アンコールワットを建設したクメール民族発祥の地と言われるチャンパサックでは、
豊かな滝から森の中のような家や独特の風習が見られますが、
なかでも耳に大きな穴が開いた人たちの衣装が温かみがあって好きだと思いました。

 

自分たちで作った楽器を弾いて楽しそうに歌う人たちの
今でも自分たちの風習を守りながら楽しく生活している様子が
とても良い暮らしだなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

マチュピチュの意味とは?何のために造られたのか?

関連記事

  1. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  3. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  4. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  6. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  7. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP