ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 

南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言われる地域を訪れました。

 

初めて見たときは廃墟のように感じたワットプーにはたくさんのお供え物がされていました。
ここでもヒンドゥー教の美しい彫を見られますが、
あれ、どこかで見たことあるようなものが・・・

「あ、アンパンマンだ!」

と私が言うと、一緒に訪れていた韓国の女の子が

「ホッパンメン!」

と声をあげました。
ホッパンメンとは韓国語でアンパンマンのことだそうです。

寺院のあちこちにアンパンマンが並んでいます。
(多分違いますが)何千年も前からここを守っているアンパンマン・・・
出会えて嬉しくなりました。

 

アンコールワットを建設したクメール民族発祥の地と言われるチャンパサックでは、
豊かな滝から森の中のような家や独特の風習が見られますが、
なかでも耳に大きな穴が開いた人たちの衣装が温かみがあって好きだと思いました。

 

自分たちで作った楽器を弾いて楽しそうに歌う人たちの
今でも自分たちの風習を守りながら楽しく生活している様子が
とても良い暮らしだなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

マチュピチュの意味とは?何のために造られたのか?

関連記事

  1. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  2. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  3. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  4. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  5. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  7. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  8. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP