言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

言葉が通じないラオスの象村でホームスティ

 

 

言葉が通じない場所で
知らない人たちの中での孤独は、
私の欲しいもの全てを与えてくれる。

 

どういうコトだろう?

 

第六感までの感覚をフルで働かせ、
生きるための理解と決断をせよと本能が警告する。
行動の結果全てが学習で、
選択の無限さに、私たち人間の可能性と自由を思い知る。

 

 

写真は昨日投稿した象村で、
年に一度の象祭りがあったときの様子。

 

 

この村でお世話になった家族は英語を全く話せず、
私はラオス語を話せなかった。
でも私たちは身振り手振りで会話をして過ごした。

 

 

ある日、母親が私を呼んで ワン・ツー・スリーと
料理のお皿を数えたあと、嬉しそうに私に笑いかけた。

 

 

私は彼らの言いたいことを理解しようと必死で、
彼らも私に何かを言おうと一生懸命で。

 

 

言葉が通じない知らない場所は怖い場所ではなく。
その中で互いを理解しようとすることは
こんなにも温かいものなのだと教えてもらった村だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

側に象がいる暮らし in ラオス

フィンランドの森とをハラゴシラエして歩くのだ。

関連記事

  1. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  2. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  3. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  4. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  6. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  8. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP