言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

言葉が通じないラオスの象村でホームスティ

 

 

言葉が通じない場所で
知らない人たちの中での孤独は、
私の欲しいもの全てを与えてくれる。

 

どういうコトだろう?

 

第六感までの感覚をフルで働かせ、
生きるための理解と決断をせよと本能が警告する。
行動の結果全てが学習で、
選択の無限さに、私たち人間の可能性と自由を思い知る。

 

 

写真は昨日投稿した象村で、
年に一度の象祭りがあったときの様子。

 

 

この村でお世話になった家族は英語を全く話せず、
私はラオス語を話せなかった。
でも私たちは身振り手振りで会話をして過ごした。

 

 

ある日、母親が私を呼んで ワン・ツー・スリーと
料理のお皿を数えたあと、嬉しそうに私に笑いかけた。

 

 

私は彼らの言いたいことを理解しようと必死で、
彼らも私に何かを言おうと一生懸命で。

 

 

言葉が通じない知らない場所は怖い場所ではなく。
その中で互いを理解しようとすることは
こんなにも温かいものなのだと教えてもらった村だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

側に象がいる暮らし in ラオス

フィンランドの森とをハラゴシラエして歩くのだ。

関連記事

  1. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  2. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  3. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  4. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  5. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  6. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  7. インド人に何度も”YOU are my HERO.&…

    インド人に何度も"YOU are my HERO."と言った日3000万人が集まった12年に…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP