言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

言葉が通じないラオスの象村でホームスティ

 

 

言葉が通じない場所で
知らない人たちの中での孤独は、
私の欲しいもの全てを与えてくれる。

 

どういうコトだろう?

 

第六感までの感覚をフルで働かせ、
生きるための理解と決断をせよと本能が警告する。
行動の結果全てが学習で、
選択の無限さに、私たち人間の可能性と自由を思い知る。

 

 

写真は昨日投稿した象村で、
年に一度の象祭りがあったときの様子。

 

 

この村でお世話になった家族は英語を全く話せず、
私はラオス語を話せなかった。
でも私たちは身振り手振りで会話をして過ごした。

 

 

ある日、母親が私を呼んで ワン・ツー・スリーと
料理のお皿を数えたあと、嬉しそうに私に笑いかけた。

 

 

私は彼らの言いたいことを理解しようと必死で、
彼らも私に何かを言おうと一生懸命で。

 

 

言葉が通じない知らない場所は怖い場所ではなく。
その中で互いを理解しようとすることは
こんなにも温かいものなのだと教えてもらった村だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

側に象がいる暮らし in ラオス

フィンランドの森とをハラゴシラエして歩くのだ。

関連記事

  1. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  2. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  5. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  6. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  7. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  8. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP