海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に
4000もの島が浮かぶ地域があります。
川幅が広くなったメコン河に浮かぶ島々です。

水道・電気はあまり通っておらず、
朝は男たちがメコン河でアミ漁をし、
昼間は子どもたちがはだかんぼうでメコン河で遊び、
夕方になると大人たちがメコン河に入っていき体を洗っているのを見かけます。
大河メコンの恵み、ですね。

その島の一つ、デット島に泊まって自転車でメコン河の滝を見に行ったり、
フランス統治時代の今は動かない機関車を見に行ったり
昔の鉄道橋を通って他の島に行ったりしました。

デット島にはアンコールワットで宿が同じだった韓国人の女の子と一緒に訪れました。
彼女は縫製とパターンをインドで学んでおり、
夢は年に一度インドで個展を開くことだ、と話しました。

彼女は化粧をせず、日焼けもほどよくし、ピンクの帽子をかぶっていました。
自分で髪の毛を切り、少し個性的でナチュラルで、
一緒にいるとこちらも自然体になるような。

化粧とかスタイルとかで美しいのではなく、彼女の自然体を美しいな、と思いました。
彼女の写真を後ろから撮ると
なぜか変なポーズになるときがあって、
あくびしてた、と。
あくびまで個性的で妙に美しいのか、と。。

 

彼女とはバンコクまで一緒に移動をしました。
バンコクで彼女が乗るバスを見送っている時、
現地のタイのおじさんに
そんなに悲しいなら一緒に行けばいいのに、
あっちでバスチケット買えるよ、

と言われました。

そんなに悲しそうな顔をしていたのか、と自分でびっくりです。
別れが惜しいと感じられる時間を一緒に過ごせたこと、
自然体が美しいことを教えてくれた彼女に感謝ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人によって全然印象が違うベトナム旅行 

ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 

関連記事

  1. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  3. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  4. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  5. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  6. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  7. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  8. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP