ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カルマについて話してくれました。

「自分が自分のボスだから、
良いと思う人が現れて共に過ごすチャンスや時間があるのなら、
それを選びなさい。」
と言いました。

 

「人は互いに学べるのだ。
でももし自分が自分をオープンにしないで、
どうやって他人から学べるのか。」と。

 

「自分が良い感情や行動であふれていたら、
良いめぐりが来る。」と。

 

この後インドに向かうのだと言った私に
「インドでは自分に出会う」と話してくれました。

 

「疑いを持つ人には疑い深い人が目の前に現れ、
純粋な人の前には純粋な人が現れる。」

 

自分の思いや行為は鏡であることを思い知らされるそうです。

 

写真はネパールはポカラの町から望む、
マチャプチャレ(6993m)とアンナプルナ サウス(7219m)
の朝と昼の様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

関連記事

  1. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  2. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  3. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  5. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  6. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  7. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  8. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP