ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カルマについて話してくれました。

「自分が自分のボスだから、
良いと思う人が現れて共に過ごすチャンスや時間があるのなら、
それを選びなさい。」
と言いました。

 

「人は互いに学べるのだ。
でももし自分が自分をオープンにしないで、
どうやって他人から学べるのか。」と。

 

「自分が良い感情や行動であふれていたら、
良いめぐりが来る。」と。

 

この後インドに向かうのだと言った私に
「インドでは自分に出会う」と話してくれました。

 

「疑いを持つ人には疑い深い人が目の前に現れ、
純粋な人の前には純粋な人が現れる。」

 

自分の思いや行為は鏡であることを思い知らされるそうです。

 

写真はネパールはポカラの町から望む、
マチャプチャレ(6993m)とアンナプルナ サウス(7219m)
の朝と昼の様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

関連記事

  1. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  2. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  3. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  4. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  5. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  6. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  7. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

  8. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP