ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのおじさんがカルマについて話す。

ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カルマについて話してくれました。

「自分が自分のボスだから、
良いと思う人が現れて共に過ごすチャンスや時間があるのなら、
それを選びなさい。」
と言いました。

 

「人は互いに学べるのだ。
でももし自分が自分をオープンにしないで、
どうやって他人から学べるのか。」と。

 

「自分が良い感情や行動であふれていたら、
良いめぐりが来る。」と。

 

この後インドに向かうのだと言った私に
「インドでは自分に出会う」と話してくれました。

 

「疑いを持つ人には疑い深い人が目の前に現れ、
純粋な人の前には純粋な人が現れる。」

 

自分の思いや行為は鏡であることを思い知らされるそうです。

 

写真はネパールはポカラの町から望む、
マチャプチャレ(6993m)とアンナプルナ サウス(7219m)
の朝と昼の様子です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

関連記事

  1. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  2. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  3. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  4. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  5. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  6. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  7. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  8. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP