インドの列車旅あるある。

インドの列車旅あるある

インドで列車を待つ。
ひたすら待つ。
人が多い。

私の席(寝台)に6人+荷物で私の寝るところ、
というか座るところもない。
なんとか荷物を積み上げて、私もちょこんと座った。

切符なんて無意味。
だってこの列車24時間遅れのだって。

それが本当かどうかを知ることも無意味。
感情を揺さぶられる前にベターな方法を探す。

全てが自分の思い通りにはならない国、インド。
そりゃあブッダも諦め悟りを開こうとするだろう。

(写真はヒンドゥー教祭典クンブメーラにて。3000万人が集まったって。
これだけの人を一度に見たのは後にも先にもない。人多いなあ。。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

インド人に何度も”YOU are my HERO.”と言った日

関連記事

  1. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  2. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  3. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  5. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  7. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  8. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP