インドの列車旅あるある。

インドの列車旅あるある

インドで列車を待つ。
ひたすら待つ。
人が多い。

私の席(寝台)に6人+荷物で私の寝るところ、
というか座るところもない。
なんとか荷物を積み上げて、私もちょこんと座った。

切符なんて無意味。
だってこの列車24時間遅れのだって。

それが本当かどうかを知ることも無意味。
感情を揺さぶられる前にベターな方法を探す。

全てが自分の思い通りにはならない国、インド。
そりゃあブッダも諦め悟りを開こうとするだろう。

(写真はヒンドゥー教祭典クンブメーラにて。3000万人が集まったって。
これだけの人を一度に見たのは後にも先にもない。人多いなあ。。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

インド人に何度も”YOU are my HERO.”と言った日

関連記事

  1. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  2. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

  3. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  5. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  6. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  7. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  8. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP