インドの列車旅あるある。

インドの列車旅あるある

インドで列車を待つ。
ひたすら待つ。
人が多い。

私の席(寝台)に6人+荷物で私の寝るところ、
というか座るところもない。
なんとか荷物を積み上げて、私もちょこんと座った。

切符なんて無意味。
だってこの列車24時間遅れのだって。

それが本当かどうかを知ることも無意味。
感情を揺さぶられる前にベターな方法を探す。

全てが自分の思い通りにはならない国、インド。
そりゃあブッダも諦め悟りを開こうとするだろう。

(写真はヒンドゥー教祭典クンブメーラにて。3000万人が集まったって。
これだけの人を一度に見たのは後にも先にもない。人多いなあ。。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

インド人に何度も”YOU are my HERO.”と言った日

関連記事

  1. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  3. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  4. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  6. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  7. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP