インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所

インドのマザーハウスの無料診療所では週に一度
町まで遠くて来れない人のために、
トラックに医療品や物資を積んで村に行き
その村の教会で無料の青空診療所を開きます。

私たちが到着した時に見えた人はざっと500人ぐらいでしょうか。
村の人々が物資や薬をもらう為に集まっています。

驚くことに、人々はそれなりに並んで列をなし、
診察を受けられる状態になっていました。

インドでこの人数で混乱していないことが
違和感あるぐらいです。

その中に数人のおばさんが場をしきっているのが見えます。
口調荒く誰も彼女たちに口出しできません。

彼女たちは、シスターが初めてこの村に来たとき、
シスターたちが何を言っても並ばない人々の中でも
特にバイオレンスなおばさんたちだったそう。

そしてシスターはそのおばさんたちをスモールマネーで雇い、
人々を整理させ並ばせる役を与えました。

人々はそのおばさんたちの話、というか叫びには逆らうことは
あまりせず、列を作って順番を待ちます。

「どんな状況でも何かが使えること、又はどんなことにも
ポジティブさを見いだせたら、上手く使え、状況が良くなる。」

主任のシスターが言った言葉です。

どんな状況でも彼女が慌てたところを私は見たことがありませんでした。

(写真はインドの聖なる河で祈る人々です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣る方法

中央アジアのキルギスで武士に出会った話

関連記事

  1. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  2. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  3. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  4. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  5. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  6. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  7. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP