インドの無料診療所で凶暴なおばさんが大活躍

バイオレンスなおばさんが上手く働けるインドの無料診療所

インドのマザーハウスの無料診療所では週に一度
町まで遠くて来れない人のために、
トラックに医療品や物資を積んで村に行き
その村の教会で無料の青空診療所を開きます。

私たちが到着した時に見えた人はざっと500人ぐらいでしょうか。
村の人々が物資や薬をもらう為に集まっています。

驚くことに、人々はそれなりに並んで列をなし、
診察を受けられる状態になっていました。

インドでこの人数で混乱していないことが
違和感あるぐらいです。

その中に数人のおばさんが場をしきっているのが見えます。
口調荒く誰も彼女たちに口出しできません。

彼女たちは、シスターが初めてこの村に来たとき、
シスターたちが何を言っても並ばない人々の中でも
特にバイオレンスなおばさんたちだったそう。

そしてシスターはそのおばさんたちをスモールマネーで雇い、
人々を整理させ並ばせる役を与えました。

人々はそのおばさんたちの話、というか叫びには逆らうことは
あまりせず、列を作って順番を待ちます。

「どんな状況でも何かが使えること、又はどんなことにも
ポジティブさを見いだせたら、上手く使え、状況が良くなる。」

主任のシスターが言った言葉です。

どんな状況でも彼女が慌てたところを私は見たことがありませんでした。

(写真はインドの聖なる河で祈る人々です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣る方法

中央アジアのキルギスで武士に出会った話

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  2. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  4. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

  5. インド人に何度も”YOU are my HERO.&…

    インド人に何度も"YOU are my HERO."と言った日3000万人が集まった12年に…

  6. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  7. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  8. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP