インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

「電車で自分は疲れて座っていた。
でも老人が前に立っている。

『席をゆずらない』
『ゆずる』
『だまってムスッと嫌そうにゆずる』
『笑顔でゆずる』

最後のが愛。
ゆずられた方は一番座りやすい。」

 

(写真はタイ首長族の女性です。
首輪が長いと顎が下がらず話しづらいし食べづらいそう。
でも少し話をしてくれました。)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

ニューヨークラッパーが地下鉄で人を励ましていく話

関連記事

  1. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  2. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  3. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  4. 旅の優しい思い出をくれる人たち

    旅の優しい思い出をくれる人たち旅を思い出す時、”人”をよく思い出します。…

  5. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  6. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  7. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  8. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP