インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

「電車で自分は疲れて座っていた。
でも老人が前に立っている。

『席をゆずらない』
『ゆずる』
『だまってムスッと嫌そうにゆずる』
『笑顔でゆずる』

最後のが愛。
ゆずられた方は一番座りやすい。」

 

(写真はタイ首長族の女性です。
首輪が長いと顎が下がらず話しづらいし食べづらいそう。
でも少し話をしてくれました。)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

ニューヨークラッパーが地下鉄で人を励ましていく話

関連記事

  1. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  2. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  3. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  4. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  5. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  6. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  7. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  8. 旅の優しい思い出をくれる人たち

    旅の優しい思い出をくれる人たち旅を思い出す時、”人”をよく思い出します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP