インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

「電車で自分は疲れて座っていた。
でも老人が前に立っている。

『席をゆずらない』
『ゆずる』
『だまってムスッと嫌そうにゆずる』
『笑顔でゆずる』

最後のが愛。
ゆずられた方は一番座りやすい。」

 

(写真はタイ首長族の女性です。
首輪が長いと顎が下がらず話しづらいし食べづらいそう。
でも少し話をしてくれました。)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

ニューヨークラッパーが地下鉄で人を励ましていく話

関連記事

  1. 大好きな友だちが落ち込んでいるときにすること

    大好きな友達が落ち込んでいるときにすることいつも心強い友人がスト…

  2. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  3. 片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅をする生き方

    片足でも目が見えなくても耳が聞こえなくても旅を選んだ人たち片足で、小さな…

  4. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  5. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  6. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  7. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  8. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP