インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

「電車で自分は疲れて座っていた。
でも老人が前に立っている。

『席をゆずらない』
『ゆずる』
『だまってムスッと嫌そうにゆずる』
『笑顔でゆずる』

最後のが愛。
ゆずられた方は一番座りやすい。」

 

(写真はタイ首長族の女性です。
首輪が長いと顎が下がらず話しづらいし食べづらいそう。
でも少し話をしてくれました。)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

ニューヨークラッパーが地下鉄で人を励ましていく話

関連記事

  1. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  2. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  3. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  4. 旅の優しい思い出をくれる人たち

    旅の優しい思い出をくれる人たち旅を思い出す時、”人”をよく思い出します。…

  5. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  6. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  7. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  8. 海外放浪を6年間することになったきっかけ

    海外放浪を6年間することになったきっかけ初めは逃避だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP