インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

 

「動けない人に水を飲ませる機械があったとしても、
そこには愛がない。

人間は愛をそこに込めることができる。
そして与えられる方はその愛を求める。
全ての人が求めている。

動物のように、人として扱われず
なくなっていく人に、最後に清潔なシーツや
身体を洗ってもらい、手を握ってもらう。
それは人間として、
愛されたという感覚の中、
なくなっていくことができる。
全ての人がその愛を求めている。

物質のなさがPoorなのではなく、
愛のない状態、
精神的な不足、
それが一番Poorでつらいこと。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

関連記事

  1. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  2. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  3. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  4. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  5. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  6. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  7. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  8. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP