インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

 

「痛みを伴うならそれが愛である。
犠牲、我慢、痛みを伴うなら
本物の愛である。」

それでも愛する、というのなら本物なのだと思います。

 

(写真はインドの聖なる河で祈る人です。
この時私はダウンまで着こんでいました。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

関連記事

  1. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  2. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  3. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  4. 子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる

    子どもの探求心と冒険心と自由な感覚そのまま大人になる小さな頃からあった「…

  5. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  6. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  8. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP