インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

 

「痛みを伴うならそれが愛である。
犠牲、我慢、痛みを伴うなら
本物の愛である。」

それでも愛する、というのなら本物なのだと思います。

 

(写真はインドの聖なる河で祈る人です。
この時私はダウンまで着こんでいました。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

関連記事

  1. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  3. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  4. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  5. タヒチで無料の運転手つきレンタカーのお世話になった話

    タヒチで無料の運転手付きレンタカーと交換したものタヒチに降り立った時、空…

  6. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  7. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  8. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP