12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

12年に1度開かれる、ヒンドゥー教のお祭りマハ・クンブメーラは56日間続きました。
私も期間中に何度か訪れ、特別なインドの空気や人の波を感じていました。

そのお祭りの帰りのバスで隣に座ったインド人のお兄さんが、
私とインド人のおばさんの間で膝をくっつけ小さくなって座っていました。
何時間もずっとです。

彼が時間を聞いてきたので携帯のデジタル時計をそのまま見せました。
でも彼は分からないと首を振ります。
デジタル時計は19:30を示しています。
でも数字が分からない、と。

IT国インドと言われるこの国に、数字が分からない、
もしくはデジタル時計の読み方が分からない人がいることにがく然としました。

そしてふと思い出しました。
1日に100万人以上が集まると言われるクンブメーラのお祭りのなか、
1人で小さなろうそくに火をともしながら
聖なる河の前で寂しそうにお経のような歌をずっと歌っていた男の子のこと。

多分10代の、身長は私と同じぐらいで
数日前に訪れた時も道端で1人、
ろうそくに火をともしながら横になって
目をつむって泣き声でずっと歌っていました。

その男の子も、バスで隣に座った男性も手ぶらで、着のみ着のままで、どうやって生きているんだろう、と思う風貌をしていました。

同じ着のみ着のままでも、家や家族や物を持たないことを選んだサドゥたちは、クンブメーラのお祭りの間楽しそうに自由そうに過ごしていました。

物がなく貧しく寂しそうな人、
物がなく貧しくてもキラキラしている人、
物があってお金もあっても寂しそうな人、
物があってお金もあってキラキラしている人、
自分はいったいどれになりたいんだろう、と考えました。

やっぱり自分は、人と触れ合いながら、学び、温かい感情を渡して受け取り、自分の持っているモノやできることを人に渡すことができて、そのやり取りの中で生きていきたい、と思いました。

物というよりは時間や思いを渡して受け取りたいと思うんです。
あまり物は関係ないようです。

物はいつかは持っていけなくなるけれど、生きてきた印のような愛情や思いやりの記憶はいつでも自分の中に置くことができます。

私にとってのキラキラしている人たちは、そういうものを大切にしているなぁと、インドの色んな人たちと出会いながら思いました。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「不幸中の超幸い」と言った襲われた自転車乗りの男の子の話

関連記事

  1. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  2. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  3. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  4. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  5. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  6. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  7. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  8. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP