無知だからこそ不安を感じず未来に進む

無知の力は未来への不安をなくし進ませる

 

好奇心のまま旅先を決めてそこへたどり着いたとき、
何も知らなかったから耐えられた、ということが多いです。

 

もしどんな大変なことがあるか知っていたら選ばなかったかもしれないし、
準備などでもっと時間がかかっていたかもしれません。

 

でもなんとか耐えて辿り着いた、という道のりは
自分をタフにしてくれるし、
何より忘れられない沢山のことが経験できます。

無知って未来の不安がなく進んでいけるので凄いと思います。

 

写真はモンゴルとロシアの国境の森で生きるトナカイ族に会いに行く途中です。
モンゴル最北の町でハンターや馬を雇い、7時間森の中を駆けていきます。
途中から雪が吹雪いてきました。
夜になり彼らに辿り着いたとき、助かった、と思いました。9月下旬のことでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタクロース村のサンタさん in フィンランド

ヨーロッパ最北のマクドナルド事情 in フィンランド

関連記事

  1. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  2. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  3. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  4. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  5. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  6. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  7. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP