無知だからこそ不安を感じず未来に進む

無知の力は未来への不安をなくし進ませる

 

好奇心のまま旅先を決めてそこへたどり着いたとき、
何も知らなかったから耐えられた、ということが多いです。

 

もしどんな大変なことがあるか知っていたら選ばなかったかもしれないし、
準備などでもっと時間がかかっていたかもしれません。

 

でもなんとか耐えて辿り着いた、という道のりは
自分をタフにしてくれるし、
何より忘れられない沢山のことが経験できます。

無知って未来の不安がなく進んでいけるので凄いと思います。

 

写真はモンゴルとロシアの国境の森で生きるトナカイ族に会いに行く途中です。
モンゴル最北の町でハンターや馬を雇い、7時間森の中を駆けていきます。
途中から雪が吹雪いてきました。
夜になり彼らに辿り着いたとき、助かった、と思いました。9月下旬のことでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタクロース村のサンタさん in フィンランド

ヨーロッパ最北のマクドナルド事情 in フィンランド

関連記事

  1. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  2. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  3. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  4. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  5. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  6. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  7. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  8. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP