無知だからこそ不安を感じず未来に進む

無知の力は未来への不安をなくし進ませる

 

好奇心のまま旅先を決めてそこへたどり着いたとき、
何も知らなかったから耐えられた、ということが多いです。

 

もしどんな大変なことがあるか知っていたら選ばなかったかもしれないし、
準備などでもっと時間がかかっていたかもしれません。

 

でもなんとか耐えて辿り着いた、という道のりは
自分をタフにしてくれるし、
何より忘れられない沢山のことが経験できます。

無知って未来の不安がなく進んでいけるので凄いと思います。

 

写真はモンゴルとロシアの国境の森で生きるトナカイ族に会いに行く途中です。
モンゴル最北の町でハンターや馬を雇い、7時間森の中を駆けていきます。
途中から雪が吹雪いてきました。
夜になり彼らに辿り着いたとき、助かった、と思いました。9月下旬のことでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンタクロース村のサンタさん in フィンランド

ヨーロッパ最北のマクドナルド事情 in フィンランド

関連記事

  1. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  2. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  3. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  4. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  6. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  7. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  8. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP