制限することが「自由」をつくる

インドやネパールに「サドゥ」という
ヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような
生き方をする人たちがいます。

 

荷物はほとんどなく、
体に布を巻いていたり何も着ていなかったりします。

 

彼らは家族を捨て修行して遊んで話をして大麻を吸って、
独自の考え方と生き方をつらぬきます。

 

彼らのことを
「何でも思うように生きられるのか、自由だなぁ」
と初めは思っていました。

 

けれど、
「彼らは
『捨てるもの、つかみたいもの』
を彼ら自身で選んだから自由なのだ」
と話す旅人がいました。

 

「”自由”とは、何でもしていいことではない。
自分で自由の範囲を決めて、
その中で思うように生きることだ。」と。

 

自由とは制限(リミット)を決めることだとすると、
日本の会社にどっぷりつかることを捨てた私も
自分で決めた自由の中にいるということです。

 

逆に、もしその選択が自分で考え選んだものならば
会社という範囲を決めた人たちも、
自分で決めた自由の中にいることができるのだと思います。

 

”自由”という言葉に焦がれるなら、
「何をしたいのか」「つかみたいのか」「求めるのか」
そして「それはどこの範囲にあるのか」

これらを自分で選ぶことで自由になれるのだと思いました。

 

「どこにいようと人は制限の中で自由になれる」ということです。

 

写真はインドのサドゥです。
髪やヒゲは生命力の源なので切りません。
ヒンドゥー教徒の中には彼らの足元に伏して
祈る人たちがいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

五感が鋭くなる簡単な方法

関連記事

  1. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  2. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  3. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  4. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  5. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  6. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  8. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP