側に象がいる暮らし in ラオス

側に象がいる暮らし  in  ラオス

 

ラオスの山奥に、象と共に暮らす人たちがいる。

 

村の中を人を乗せた象が歩き回り、
スイカを買いに行けば人間に1つ、
象にも1つ買って食べている。

 

 

象が家族の一員である家では、
象とその家の人との距離は近い。
犬や猫が家族にじゃれつくように、象もじゃれついている。

 

 

この象村に来る前に、タイで王室関係の大きな催しがあり、
たくさんの象がパレードに参加していた。

 

そこで象が人を殺した、というニュースが流れた。
殺された人は象とは関係のない人だったが、
酔っぱらっていたらしい。
その象の主は酔っぱらってその象をいじめる人だった。
象はその匂いをかいだ瞬間、怒り狂い、
その男を殺してしまった、と。

 

 

そのニュースを聞いていたからか、
象がそんな風に人と心を近づけ、
共に暮らすことができることにびっくりし、
家族というものの凄さを知った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

関連記事

  1. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  2. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  4. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  5. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  6. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  7. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  8. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP