側に象がいる暮らし in ラオス

側に象がいる暮らし  in  ラオス

 

ラオスの山奥に、象と共に暮らす人たちがいる。

 

村の中を人を乗せた象が歩き回り、
スイカを買いに行けば人間に1つ、
象にも1つ買って食べている。

 

 

象が家族の一員である家では、
象とその家の人との距離は近い。
犬や猫が家族にじゃれつくように、象もじゃれついている。

 

 

この象村に来る前に、タイで王室関係の大きな催しがあり、
たくさんの象がパレードに参加していた。

 

そこで象が人を殺した、というニュースが流れた。
殺された人は象とは関係のない人だったが、
酔っぱらっていたらしい。
その象の主は酔っぱらってその象をいじめる人だった。
象はその匂いをかいだ瞬間、怒り狂い、
その男を殺してしまった、と。

 

 

そのニュースを聞いていたからか、
象がそんな風に人と心を近づけ、
共に暮らすことができることにびっくりし、
家族というものの凄さを知った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

関連記事

  1. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  2. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  3. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  4. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  5. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  6. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  7. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  8. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP