東チベットの宿事情。

東チベットの宿事情。

 

角部屋に泊まった。
人々が大通りを歩いているのが窓から見られる。
壁には注意事項の張り紙。

「貴重物品
妥善保管
如有遺失
自行免責」

(貴重品はよく保管すること。
もし紛失しても自分でなんとかしてね。)

大通りが見渡せる窓の対角線上にもう一つ窓がある。
よく見たら隣の部屋に入れる。
となりの部屋の窓は私の部屋の窓。
・・・そして窓の鍵は隣の部屋側にある。
私にどう防犯しろと。。

 

写真はカンゼからセルタに向かう道中。

セルタにニンマ派最大級の赤の僧院群があることを知り
急きょ予定を変更した。
タクシーを捕まえようとするが午後を過ぎたタクシーは
今日はもう行かないと言われ続けた。

1人、若いチべタンの男性が連れて行ってくれると言う。
この地では満員になるまで出発しないのが普通なのに
私一人を乗せて向かってくれた。
しかも料金は相乗りをした場合での一人分だ。

彼は私が車の中から写真を撮ろうとすると車を停める。
そして写真を撮り終わるとまた出発する。
山の上にある洞窟の前で停まり、
ダライラマが修行した場所だと話した。
彼も写真を撮っている。
いつのダライラマだろう。

写真の山は神様だと言う。
チベットでは自然も神様なのだと。

車の中ではセルタまで6時間ほどの間ずっと、
お経が流れていた。
それを聞きながら神様が見守る道を行く。
なるほど、神に見守られている、と感じる。

彼とはもう一度同じ町で会い、
私のことを覚えていてくれて強い強い握手をしてくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドとネパール国境の人懐こい人たち

中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

関連記事

  1. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  2. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  3. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  4. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  5. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  6. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  7. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  8. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP