東チベットの宿事情。

東チベットの宿事情。

 

角部屋に泊まった。
人々が大通りを歩いているのが窓から見られる。
壁には注意事項の張り紙。

「貴重物品
妥善保管
如有遺失
自行免責」

(貴重品はよく保管すること。
もし紛失しても自分でなんとかしてね。)

大通りが見渡せる窓の対角線上にもう一つ窓がある。
よく見たら隣の部屋に入れる。
となりの部屋の窓は私の部屋の窓。
・・・そして窓の鍵は隣の部屋側にある。
私にどう防犯しろと。。

 

写真はカンゼからセルタに向かう道中。

セルタにニンマ派最大級の赤の僧院群があることを知り
急きょ予定を変更した。
タクシーを捕まえようとするが午後を過ぎたタクシーは
今日はもう行かないと言われ続けた。

1人、若いチべタンの男性が連れて行ってくれると言う。
この地では満員になるまで出発しないのが普通なのに
私一人を乗せて向かってくれた。
しかも料金は相乗りをした場合での一人分だ。

彼は私が車の中から写真を撮ろうとすると車を停める。
そして写真を撮り終わるとまた出発する。
山の上にある洞窟の前で停まり、
ダライラマが修行した場所だと話した。
彼も写真を撮っている。
いつのダライラマだろう。

写真の山は神様だと言う。
チベットでは自然も神様なのだと。

車の中ではセルタまで6時間ほどの間ずっと、
お経が流れていた。
それを聞きながら神様が見守る道を行く。
なるほど、神に見守られている、と感じる。

彼とはもう一度同じ町で会い、
私のことを覚えていてくれて強い強い握手をしてくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドとネパール国境の人懐こい人たち

中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

関連記事

  1. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  2. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  3. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  4. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  5. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  6. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  7. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  8. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP