海外で運転していて危なかった話

チェジュ島の大きいラウンドアバウト
(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に抜けます)
に、右回りラウンドするところを
直進につっきってくる車がいました。

 

もの凄くいきおいをつけて
こちらの車線側へ自由に向かってきます。

 

なので「自分たちの車が間違っている?」
と思ったけれどやっぱりそんなことはなく。
回りの車も直進で突っ走る車もクラクションならしまくりです。

 

チェジュの人凄いな・・

 

と思った数年後、
アメリカで初レンタカーに乗った直後、
左ハンドルであることをスコンと忘れて
一瞬左車線で走りました。

 

正面から車が近づいてくる感覚が
どんなものか知りました。
背筋が冷たくなる感覚とはこのことか、と分かりました。
以来、運転するときはとても慎重です。
海外で運転するときは、
左右逆のハンドルのことがあったり
長時間の運転になりやすかったり
日本より道路が広くまっすぐな道が多いので
スピードも出やすかったりします。
お互い安全第一を心に留めて運転しましょうね。

 

写真は韓国はチェジュ島にて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

関連記事

  1. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  2. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  3. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  5. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  6. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  7. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  8. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP