海外で運転していて危なかった話

チェジュ島の大きいラウンドアバウト
(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に抜けます)
に、右回りラウンドするところを
直進につっきってくる車がいました。

 

もの凄くいきおいをつけて
こちらの車線側へ自由に向かってきます。

 

なので「自分たちの車が間違っている?」
と思ったけれどやっぱりそんなことはなく。
回りの車も直進で突っ走る車もクラクションならしまくりです。

 

チェジュの人凄いな・・

 

と思った数年後、
アメリカで初レンタカーに乗った直後、
左ハンドルであることをスコンと忘れて
一瞬左車線で走りました。

 

正面から車が近づいてくる感覚が
どんなものか知りました。
背筋が冷たくなる感覚とはこのことか、と分かりました。
以来、運転するときはとても慎重です。
海外で運転するときは、
左右逆のハンドルのことがあったり
長時間の運転になりやすかったり
日本より道路が広くまっすぐな道が多いので
スピードも出やすかったりします。
お互い安全第一を心に留めて運転しましょうね。

 

写真は韓国はチェジュ島にて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

関連記事

  1. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  2. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  3. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  4. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

  5. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  6. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  7. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  8. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP