海外で運転していて危なかった話

チェジュ島の大きいラウンドアバウト
(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に抜けます)
に、右回りラウンドするところを
直進につっきってくる車がいました。

 

もの凄くいきおいをつけて
こちらの車線側へ自由に向かってきます。

 

なので「自分たちの車が間違っている?」
と思ったけれどやっぱりそんなことはなく。
回りの車も直進で突っ走る車もクラクションならしまくりです。

 

チェジュの人凄いな・・

 

と思った数年後、
アメリカで初レンタカーに乗った直後、
左ハンドルであることをスコンと忘れて
一瞬左車線で走りました。

 

正面から車が近づいてくる感覚が
どんなものか知りました。
背筋が冷たくなる感覚とはこのことか、と分かりました。
以来、運転するときはとても慎重です。
海外で運転するときは、
左右逆のハンドルのことがあったり
長時間の運転になりやすかったり
日本より道路が広くまっすぐな道が多いので
スピードも出やすかったりします。
お互い安全第一を心に留めて運転しましょうね。

 

写真は韓国はチェジュ島にて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

関連記事

  1. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  2. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  3. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  4. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  7. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  8. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP