スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話

私がまだ旅人2年目のとき、
ベトナムのハノイで
スペインから自転車で4年半かけてハノイまで
やってきた、という青年と出会いました。

彼は自転車の後ろに地図と訪れた国の名前を書いた
ボードを載せていました。
もうほとんど書く場所がありません。
これからどうするの?という私の問に、
4年半かけてスペインに向かうんだ、と言いました。

彼の話の中に石田ゆうすけさんが出てきて、
3回世界各地で偶然出会ったそうです。
石田さんが日本で活動することになったことも
教えてくれました。

私は石田さんの本を読んで、
アメリカ大陸への興味を持ったのです。

その本の著者との話を聞けて、

自転車で旅をしている人と初めて会って、

本当に世界を自転車で旅している人がいるんだ、
とリアルに感じられて、

なんだか感慨深くて、、

彼らと同じ時代に旅をしていることが
とても嬉しく思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

関連記事

  1. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  2. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く4「動けない人に水を飲ませる機械…

  4. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  5. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  6. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  7. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  8. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP