スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話

私がまだ旅人2年目のとき、
ベトナムのハノイで
スペインから自転車で4年半かけてハノイまで
やってきた、という青年と出会いました。

彼は自転車の後ろに地図と訪れた国の名前を書いた
ボードを載せていました。
もうほとんど書く場所がありません。
これからどうするの?という私の問に、
4年半かけてスペインに向かうんだ、と言いました。

彼の話の中に石田ゆうすけさんが出てきて、
3回世界各地で偶然出会ったそうです。
石田さんが日本で活動することになったことも
教えてくれました。

私は石田さんの本を読んで、
アメリカ大陸への興味を持ったのです。

その本の著者との話を聞けて、

自転車で旅をしている人と初めて会って、

本当に世界を自転車で旅している人がいるんだ、
とリアルに感じられて、

なんだか感慨深くて、、

彼らと同じ時代に旅をしていることが
とても嬉しく思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

関連記事

  1. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  2. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  3. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

  4. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  5. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  6. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  7. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  8. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP