バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

 

箱の中にムリヤリ押し込むと量があまり入りません。
なので隙間なく整然と並べて、その隙間にさらに押し込むとたくさん入ります。
これは何でも当てはまると思いますが、バスの中でもそうみたいです。

 

バスの中で言うと、
まず2人用座席と2人用座席の間に2人用座席を置き
(縦10列→縦15列ぐらいになります)、
通路に小さいプラスチックのイスをつめて置き、
2人用座席に3人座れば、わりかし入ります。
荷物は外の天井に置きます。( in ラオス)

 

又は、2人用座席に3人座り、
アーム(なければ通路側に座っている人の膝の上)に1人、
窓を開けてお尻を乗せて座れば
2人用座席に5人座れます。
通路にはもうひたすら人間をつめ込みます。

 

こちらは天井の荷物棚にはニワトリがいて、
足下の荷物入れにはヤギと牛が入っています。
人々の荷物はどこにあるか分かりません。( in インド)

 

ラオスのバスは、座席に座ったら前のイスの背に膝がピッタリ当たります。
そのうち膝が痛くなってきて、
イスの背もたれの上に座ることになります。
ただし休憩中のみです。
でないとガッタガタ揺れてイスから転げ落ちることになります。

 

インドのバスは、無の境地になれたら勝ちです。
というか無にならないとちょっときついです。
ただしどのポジションにも危険があります。

 

通路側に座っていた私は
力尽きた知らないおじさんを膝にのせ、
ガンガンゆれるのを耐えようとする後ろのおばさんに
背もたれごと私の目をつかまれました。

 

前方の力尽きたおじさんに
後方のでっかい手を持つおばさんのアイアンクロー。
逃げ場はありません。

 

写真は上記両方ともカメラを出す余裕がなかったので
ネパールからインドに向かう列車を載せています。
(外国人はこの列車での国境越えはできません。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

関連記事

  1. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  2. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  3. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  4. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  6. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  7. 山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国

    山という山に輝く世界遺産の棚田を作る民族 in 中国…

  8. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP