バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

 

箱の中にムリヤリ押し込むと量があまり入りません。
なので隙間なく整然と並べて、その隙間にさらに押し込むとたくさん入ります。
これは何でも当てはまると思いますが、バスの中でもそうみたいです。

 

バスの中で言うと、
まず2人用座席と2人用座席の間に2人用座席を置き
(縦10列→縦15列ぐらいになります)、
通路に小さいプラスチックのイスをつめて置き、
2人用座席に3人座れば、わりかし入ります。
荷物は外の天井に置きます。( in ラオス)

 

又は、2人用座席に3人座り、
アーム(なければ通路側に座っている人の膝の上)に1人、
窓を開けてお尻を乗せて座れば
2人用座席に5人座れます。
通路にはもうひたすら人間をつめ込みます。

 

こちらは天井の荷物棚にはニワトリがいて、
足下の荷物入れにはヤギと牛が入っています。
人々の荷物はどこにあるか分かりません。( in インド)

 

ラオスのバスは、座席に座ったら前のイスの背に膝がピッタリ当たります。
そのうち膝が痛くなってきて、
イスの背もたれの上に座ることになります。
ただし休憩中のみです。
でないとガッタガタ揺れてイスから転げ落ちることになります。

 

インドのバスは、無の境地になれたら勝ちです。
というか無にならないとちょっときついです。
ただしどのポジションにも危険があります。

 

通路側に座っていた私は
力尽きた知らないおじさんを膝にのせ、
ガンガンゆれるのを耐えようとする後ろのおばさんに
背もたれごと私の目をつかまれました。

 

前方の力尽きたおじさんに
後方のでっかい手を持つおばさんのアイアンクロー。
逃げ場はありません。

 

写真は上記両方ともカメラを出す余裕がなかったので
ネパールからインドに向かう列車を載せています。
(外国人はこの列車での国境越えはできません。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

関連記事

  1. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  2. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  3. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  4. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  5. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  6. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  7. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  8. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP