バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

 

箱の中にムリヤリ押し込むと量があまり入りません。
なので隙間なく整然と並べて、その隙間にさらに押し込むとたくさん入ります。
これは何でも当てはまると思いますが、バスの中でもそうみたいです。

 

バスの中で言うと、
まず2人用座席と2人用座席の間に2人用座席を置き
(縦10列→縦15列ぐらいになります)、
通路に小さいプラスチックのイスをつめて置き、
2人用座席に3人座れば、わりかし入ります。
荷物は外の天井に置きます。( in ラオス)

 

又は、2人用座席に3人座り、
アーム(なければ通路側に座っている人の膝の上)に1人、
窓を開けてお尻を乗せて座れば
2人用座席に5人座れます。
通路にはもうひたすら人間をつめ込みます。

 

こちらは天井の荷物棚にはニワトリがいて、
足下の荷物入れにはヤギと牛が入っています。
人々の荷物はどこにあるか分かりません。( in インド)

 

ラオスのバスは、座席に座ったら前のイスの背に膝がピッタリ当たります。
そのうち膝が痛くなってきて、
イスの背もたれの上に座ることになります。
ただし休憩中のみです。
でないとガッタガタ揺れてイスから転げ落ちることになります。

 

インドのバスは、無の境地になれたら勝ちです。
というか無にならないとちょっときついです。
ただしどのポジションにも危険があります。

 

通路側に座っていた私は
力尽きた知らないおじさんを膝にのせ、
ガンガンゆれるのを耐えようとする後ろのおばさんに
背もたれごと私の目をつかまれました。

 

前方の力尽きたおじさんに
後方のでっかい手を持つおばさんのアイアンクロー。
逃げ場はありません。

 

写真は上記両方ともカメラを出す余裕がなかったので
ネパールからインドに向かう列車を載せています。
(外国人はこの列車での国境越えはできません。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

「一番の幸せ」と「一番の不幸」で人を理解する仕方

関連記事

  1. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  2. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  3. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  4. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  5. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  6. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  7. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  8. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP