中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。

 

個人で行くよりツアーを使って訪れた方が安くつく、
ということで、現地の中国人用のツアーに紛れ込んで
成都から3泊4日間、九寨溝や黄龍などを訪れました。

2日目ぐらいからツアー参加者の中国人に話しかけられる
ようになり、4日目にはほとんど全員と話しをするように。
(中国語はほとんどできません。。)

 

この頃中国で日本に対するデモがあって、
何人かの日本人旅行者から

「日本人だからと宿泊拒否を受けた」
「デモを見て怖かった」

ということを聞きました。
彼らにとって中々に厳しい状況だったそうです。

このツアーのあと上海に向かう夜行列車に乗り込み、
隣で横になっている男の携帯からドラえもんの歌が
何度も何度も大音量で流れ、起こされました。

車内ではしゃぐ男の子の首にかかっている
オモチャのラジオからはハイジの曲が流れています。

上海のデモは結局人が集まらず中止になったと聞きました。

 

片側だけじゃどんなことが起きているのか分かりません。
物事には両側面か、もっと複雑な数の面があるのだと思います。
でも私は目の前にあることも素直に受け入れたいと思います。

 

写真は九寨溝にて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

雪山でヒッチハイク!トラックの荷台(外)でキルギス国境を目指す

中国のツアーガイドは無給でスタート

関連記事

  1. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  2. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  3. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  5. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  6. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  7. バングラデシュと日本のつながりに助けられました2

    バングラデシュと日本のつながりに助けられました2「ダッカの情勢が今までに…

  8. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP