怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。
山道を駆けていくバスドライバーのおじさんは
気性が荒そうな話し方です。

手に白粉をつけてぎゅぎゅぎゅっと
手をこすり合わせて気合を入れている様子です。

 

助手の女性は乗客を座席へ誘導していましたが、
私はこの女性を知っていました。

 

数ヶ月前、同じルートの元陽から昆明への道で
同じバスで、同じように乗客を誘導していました。

 

前回彼女は最初から最後まですごく叫んで叫んで、
機関銃みたいな話し方で叫んで怒っていました。

 

彼女の声はどんどん枯れていくけれど、
それでも叫び続けていました。

 

でも今回は柔らかくて
一度も怒らず少しおっとりとすらしているのです。

 

みんなに「小心(気を付けて)。」「靴脱いで。」と
柔らかく声をかけています。

 

とても、とても驚きました。

 

前回の彼女と今回の彼女の違ったところは、メガネでした。

 

前回の時は目の1cm前まで近づけて見ていたチケットを
今回は15cmぐらい離して見ています。

 

この人は、怖かったのかなと思いました。
自分を守るために、傷つけられないために
強く見せていたのか、
見えなくなったことに対するイライラとかやるせなさとか。

分からないことだらけで、
たくさん不安や怖さがあったのかなと思います。

 

今でも凄く良く見えるわけではないのでしょうが
以前より良くなって希望や安堵を感じ、
自信が少しでもついて生きやすくなったのなら
本当に良かったなぁと思いました。

 

自分の不安に思うことを取り除いてみれば
全く違う人間みたいに変わることができるのかもしれない
と思わせてくれた人でした。

 

写真は元陽のバザールにて。
元陽は雲南省の南にあり
ほとんどの人が漢民族ではありません。
村ごとによくバザールを開いていて、
様々な民族の特色のある綺麗な民族衣装を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

アンデルセンの故郷デンマーク・オーデンセが花の町となる8月の様子

関連記事

  1. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

  2. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  3. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  4. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  5. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  7. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

コメント

    • 北沢昇
    • 2016年 7月 16日

    素晴らしいですね^_^
    僕も旅行が好きでぜひよろしくお願いします^_^

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP