危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

少なく少なく、気を付けて、
でも町の人と同じものを食べます。

 

身体が拒否しないように、少しずつ。
慣れないものをとりこんでいきます。

 

あまり胃腸を働かせず、何か異質なものが入ってきた時
すぐに全力で腸が働けるように、
1~2食/日で腹4~6分目にしておきます。

 

移動する旅が続くときの、健康維持方法です。

 

写真はカシュガル郊外の日曜バザールにて。
ウイグル族が作るラグメン(世界最古と言われる手打ち麺)
は、中央アジアのものよりコシがありとても美味しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

関連記事

  1. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  2. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  3. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  4. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  5. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  6. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  7. モンゴル人にとってのお風呂

    ゲルではもちろん、都会を離れるとモンゴルではお風呂やシャワーを浴びる、という習慣がありません…

  8. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP