危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

少なく少なく、気を付けて、
でも町の人と同じものを食べます。

 

身体が拒否しないように、少しずつ。
慣れないものをとりこんでいきます。

 

あまり胃腸を働かせず、何か異質なものが入ってきた時
すぐに全力で腸が働けるように、
1~2食/日で腹4~6分目にしておきます。

 

移動する旅が続くときの、健康維持方法です。

 

写真はカシュガル郊外の日曜バザールにて。
ウイグル族が作るラグメン(世界最古と言われる手打ち麺)
は、中央アジアのものよりコシがありとても美味しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

関連記事

  1. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  2. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  3. インド人に何度も”YOU are my HERO.&…

    インド人に何度も"YOU are my HERO."と言った日3000万人が集まった12年に…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  5. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  6. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  7. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  8. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP