危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

少なく少なく、気を付けて、
でも町の人と同じものを食べます。

 

身体が拒否しないように、少しずつ。
慣れないものをとりこんでいきます。

 

あまり胃腸を働かせず、何か異質なものが入ってきた時
すぐに全力で腸が働けるように、
1~2食/日で腹4~6分目にしておきます。

 

移動する旅が続くときの、健康維持方法です。

 

写真はカシュガル郊外の日曜バザールにて。
ウイグル族が作るラグメン(世界最古と言われる手打ち麺)
は、中央アジアのものよりコシがありとても美味しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

関連記事

  1. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  2. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  3. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  4. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  5. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

  6. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

  7. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  8. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP