危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

少なく少なく、気を付けて、
でも町の人と同じものを食べます。

 

身体が拒否しないように、少しずつ。
慣れないものをとりこんでいきます。

 

あまり胃腸を働かせず、何か異質なものが入ってきた時
すぐに全力で腸が働けるように、
1~2食/日で腹4~6分目にしておきます。

 

移動する旅が続くときの、健康維持方法です。

 

写真はカシュガル郊外の日曜バザールにて。
ウイグル族が作るラグメン(世界最古と言われる手打ち麺)
は、中央アジアのものよりコシがありとても美味しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

関連記事

  1. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  2. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  3. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  4. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  5. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  6. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  7. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  8. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP