ものごいから貰うもの in カンボジア

ものごいから貰うもの  in  カンボジア

カンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもたち。
フェンス越しに声をかけてきた。

 

「ねぇ、写真撮ってよ。」

 

彼らの写真を撮れば、
「何でもいいから下さい。」と手を合わせて言ってきた。

 

 

「飲みかけの水でも、1枚のペーパーでも、1本のペンでも
なんでもいい。」と。

 

私が食べきれなかったお弁当と飲み物しかないよ、と言うと
嬉しそうにそれでいい、と答えた。

 

 

その代わり少し話をしてくれないか、と彼らに尋ね、
私たちは座って15分ほど話をした。フェンス越しに。
最後にもう一度、3人の写真を撮る。
1枚目よりよっぽど良い笑顔をしている。

 

 

このとき私は決めた。
何かを渡すとき、自分と情のシェアが持てるように、
できれば一緒に食べ一緒に話をし、
そして物質を渡す代わりに彼らのことを教えてもらい、
私は笑顔をもらおう、と。

 

 

彼らの写真を見ると愛しい感覚が湧き上がる。
優しい思い出をくれてありがとう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨークの優しい野外テント教会。

NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方

関連記事

  1. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  2. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  3. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  4. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  5. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  6. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  7. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  8. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP