ものごいから貰うもの in カンボジア

ものごいから貰うもの  in  カンボジア

カンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもたち。
フェンス越しに声をかけてきた。

 

「ねぇ、写真撮ってよ。」

 

彼らの写真を撮れば、
「何でもいいから下さい。」と手を合わせて言ってきた。

 

 

「飲みかけの水でも、1枚のペーパーでも、1本のペンでも
なんでもいい。」と。

 

私が食べきれなかったお弁当と飲み物しかないよ、と言うと
嬉しそうにそれでいい、と答えた。

 

 

その代わり少し話をしてくれないか、と彼らに尋ね、
私たちは座って15分ほど話をした。フェンス越しに。
最後にもう一度、3人の写真を撮る。
1枚目よりよっぽど良い笑顔をしている。

 

 

このとき私は決めた。
何かを渡すとき、自分と情のシェアが持てるように、
できれば一緒に食べ一緒に話をし、
そして物質を渡す代わりに彼らのことを教えてもらい、
私は笑顔をもらおう、と。

 

 

彼らの写真を見ると愛しい感覚が湧き上がる。
優しい思い出をくれてありがとう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューヨークの優しい野外テント教会。

NZのワーホリで出会ったイタリア人ジャーナリストの女の子の生き方

関連記事

  1. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  2. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  3. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  4. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  5. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

  6. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  8. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP