自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、

「ここに来ればそれまでの不幸は終了し、幸せになれる場所」

と言われていて、
村人たちがたくさんのものを献上するので
50人ほどの僧が住む寺はずいぶんゴージャスです。
(対して村は貧しいです。)

 

お祈りの時間、凄く自由な空気の中
僧たちは遊んだり話したりお経を唱えたり、
なんのためにしているのだろうと思うほどゆるい時間が流れます。

 

抑圧がなく自由な分、真剣でないのかもしれません。
ナモブッダでは真剣でなくとも問題は恐らく起こらないのでしょう。

 

たくさんの選択肢のある自由なとき、
強い意志がないと人は簡単に楽な方に向かうのは
僧も同じなのかもしれません

 

旅人は基本多くの選択肢を持つ自由を選んでいます。
そこで何を得るかは、意志によって全く違います。

 

「何を得たいのか、何を選びたいのか。」
多くの選択肢がある自由の中だからこそ、
ゆるんでいくことがあります。
他者や社会でなく自分自身で強く思わないと
得たいものが得られないかもしれません。

 

対して中国チベットの人々は
自由を求めて、独立を求めて真剣に祈ります。
祈るという行為を常にします。

 

彼らのように、制限があることで出る
揺るぎない思いとパワーを感じることが時々あります。

 

写真は東チベットの甘孜とセルタでの祈りの様子です。
毎日日中の気温が-5度を下回る中彼らは祈り続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五感が鋭くなる簡単な方法

チベットで3人の悪ガキと友達になった話

関連記事

  1. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  2. 東チベットの宿事情。

    東チベットの宿事情。角部屋に泊まった。人々が大通りを歩いているのが窓…

  3. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  4. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  5. ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

    ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が「君に見せたいものがある」と言ってなにやら…

  6. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  7. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  8. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP