自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、

「ここに来ればそれまでの不幸は終了し、幸せになれる場所」

と言われていて、
村人たちがたくさんのものを献上するので
50人ほどの僧が住む寺はずいぶんゴージャスです。
(対して村は貧しいです。)

 

お祈りの時間、凄く自由な空気の中
僧たちは遊んだり話したりお経を唱えたり、
なんのためにしているのだろうと思うほどゆるい時間が流れます。

 

抑圧がなく自由な分、真剣でないのかもしれません。
ナモブッダでは真剣でなくとも問題は恐らく起こらないのでしょう。

 

たくさんの選択肢のある自由なとき、
強い意志がないと人は簡単に楽な方に向かうのは
僧も同じなのかもしれません

 

旅人は基本多くの選択肢を持つ自由を選んでいます。
そこで何を得るかは、意志によって全く違います。

 

「何を得たいのか、何を選びたいのか。」
多くの選択肢がある自由の中だからこそ、
ゆるんでいくことがあります。
他者や社会でなく自分自身で強く思わないと
得たいものが得られないかもしれません。

 

対して中国チベットの人々は
自由を求めて、独立を求めて真剣に祈ります。
祈るという行為を常にします。

 

彼らのように、制限があることで出る
揺るぎない思いとパワーを感じることが時々あります。

 

写真は東チベットの甘孜とセルタでの祈りの様子です。
毎日日中の気温が-5度を下回る中彼らは祈り続けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五感が鋭くなる簡単な方法

チベットで3人の悪ガキと友達になった話

関連記事

  1. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  2. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  3. 側に象がいる暮らし in ラオス

    側に象がいる暮らし  in  ラオスラオスの山奥に、象と共に暮らす人たち…

  4. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  5. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  6. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  7. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  8. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP