ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が
「君に見せたいものがある」
と言ってなにやら懐かしいものを持ってきました。

彼はシャイで普段あまり私としゃべらないのですが、珍しい。。

彼は木でできた三つ又を片手で持ち、
糸にぶら下がっている大きな玉を上手に三つ又の先にのせました。

あれ?これ、けん玉じゃあ・・・

彼は得意げに「これは自分がプロデュースしたんだ」
と話しました。
ドイツで売っているそうです。

 

今回の旅にもたくさん持ってきていたけれど、
売れてもうあと1個しかない、
だからこれは売れないんだ、と念をおしてきます。

それ日本にもあるよ・・・と私が言うと、
「知っているけれど、これは自分がプロデュースしたのだ」
と主張します。

外国人は時々日本のマイナーなものに興味をもちますね。

彼は彼女さんと2人でバイク旅をしていたのですが、
2人してけん玉の練習を日中しているのを時々見かけました。

うーん、微笑ましいですね。

写真は彼と出会ったモンゴルのムルンという町です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

10ヶ月間のアメリカ大陸縦断!南米の治安と犯罪の手口、対策まとめ

関連記事

  1. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  2. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  4. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  6. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く2「人間は小さなことしかできない。そして選択肢も…

  8. 台湾は九份の塩コーヒーは意外においしい

    台湾は九份のしょっぱいコーヒー台湾の九份で 『Special salt』 というしょっぱ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP