ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が
「君に見せたいものがある」
と言ってなにやら懐かしいものを持ってきました。

彼はシャイで普段あまり私としゃべらないのですが、珍しい。。

彼は木でできた三つ又を片手で持ち、
糸にぶら下がっている大きな玉を上手に三つ又の先にのせました。

あれ?これ、けん玉じゃあ・・・

彼は得意げに「これは自分がプロデュースしたんだ」
と話しました。
ドイツで売っているそうです。

 

今回の旅にもたくさん持ってきていたけれど、
売れてもうあと1個しかない、
だからこれは売れないんだ、と念をおしてきます。

それ日本にもあるよ・・・と私が言うと、
「知っているけれど、これは自分がプロデュースしたのだ」
と主張します。

外国人は時々日本のマイナーなものに興味をもちますね。

彼は彼女さんと2人でバイク旅をしていたのですが、
2人してけん玉の練習を日中しているのを時々見かけました。

うーん、微笑ましいですね。

写真は彼と出会ったモンゴルのムルンという町です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

10ヶ月間のアメリカ大陸縦断!南米の治安と犯罪の手口、対策まとめ

関連記事

  1. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  2. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  3. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  4. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  5. ネパールのブッタが生まれた神聖な地を去りたい僧侶

    ネパールのブッタが生まれた神聖な地から離れたい僧侶インドにほど近い、ネパ…

  6. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  7. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  8. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP