ドイツ人が日本のおもちゃを売りながら旅をしていた話

ユーラシア大陸をバイクで横断中のドイツ人の男の子が
「君に見せたいものがある」
と言ってなにやら懐かしいものを持ってきました。

彼はシャイで普段あまり私としゃべらないのですが、珍しい。。

彼は木でできた三つ又を片手で持ち、
糸にぶら下がっている大きな玉を上手に三つ又の先にのせました。

あれ?これ、けん玉じゃあ・・・

彼は得意げに「これは自分がプロデュースしたんだ」
と話しました。
ドイツで売っているそうです。

 

今回の旅にもたくさん持ってきていたけれど、
売れてもうあと1個しかない、
だからこれは売れないんだ、と念をおしてきます。

それ日本にもあるよ・・・と私が言うと、
「知っているけれど、これは自分がプロデュースしたのだ」
と主張します。

外国人は時々日本のマイナーなものに興味をもちますね。

彼は彼女さんと2人でバイク旅をしていたのですが、
2人してけん玉の練習を日中しているのを時々見かけました。

うーん、微笑ましいですね。

写真は彼と出会ったモンゴルのムルンという町です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

10ヶ月間のアメリカ大陸縦断!南米の治安と犯罪の手口、対策まとめ

関連記事

  1. 12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話

    12年に一度のインドのお祭りクンブメーラで出会った人たちのお話12年に1度開かれる、ヒンドゥ…

  2. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  3. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  4. 中国のツアーガイドは無給でスタート

    中国のツアーガイドは無給でスタート中国の自然は広大でとても美しいです。…

  5. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  6. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  7. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  8. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP