「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、
あらゆることにネガティブな部分を見つけ、それを嘆きました。

 

彼とつながりがない物事にも嘆きます。
時々吐き捨てるような感じで話をします。

 

たくさんの知識を持ち、世界を裏側から見て話す彼。
何のためにその行動をしているのかと問い、判断し、
その行為にレベル付けのようなことをしていきます。

 

他方には、彼が吐き捨てた物事を使って
とても幸せそうに笑っている人々がいました。

たとえその物事が問題まみれでも、確かに笑って生きています。

 

両方を知った私はどうすればいいのでしょうか。

 

その時、
「誰も人間を判断できないよ。」
と言ってくれた友人がいました。

 

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」と。

 

写真は彼らと北モンゴルを馬で駆けたときのものです。
動物はヤクです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

関連記事

  1. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  2. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  3. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  4. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  5. ネパール人に学ぶ幸せの法則

    ネパールのヒッピーテンプルで出会ったカルマの話をしてくれたネパールのおじさんはネパール政府の…

  6. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

  7. ミャンマーのバガン遺跡でフランス人の20歳の女の子と出会った話

    ミャンマーにはバガン遺跡という、世界三大仏教遺跡の一つがあります。その町の宿で、同じ部屋にず…

  8. 中国人用ツアーで九寨溝・黄龍へGO!

    中国人用ツアーに入れてもらい九寨溝・黄龍へ。個人で行くよりツアーを使って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP