「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、
あらゆることにネガティブな部分を見つけ、それを嘆きました。

 

彼とつながりがない物事にも嘆きます。
時々吐き捨てるような感じで話をします。

 

たくさんの知識を持ち、世界を裏側から見て話す彼。
何のためにその行動をしているのかと問い、判断し、
その行為にレベル付けのようなことをしていきます。

 

他方には、彼が吐き捨てた物事を使って
とても幸せそうに笑っている人々がいました。

たとえその物事が問題まみれでも、確かに笑って生きています。

 

両方を知った私はどうすればいいのでしょうか。

 

その時、
「誰も人間を判断できないよ。」
と言ってくれた友人がいました。

 

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」と。

 

写真は彼らと北モンゴルを馬で駆けたときのものです。
動物はヤクです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

関連記事

  1. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  2. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

  3. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  4. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  5. モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティ

    モンゴル最北の地タイガの森を放牧するトナカイ族にホームスティモンゴルの最北、ロシアとの国境が…

  6. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  7. インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

    ネパールに居た日本人のお坊さんは「仏教の一番伝えたいことは世界平和です。」と言いました。…

  8. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP