「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、
あらゆることにネガティブな部分を見つけ、それを嘆きました。

 

彼とつながりがない物事にも嘆きます。
時々吐き捨てるような感じで話をします。

 

たくさんの知識を持ち、世界を裏側から見て話す彼。
何のためにその行動をしているのかと問い、判断し、
その行為にレベル付けのようなことをしていきます。

 

他方には、彼が吐き捨てた物事を使って
とても幸せそうに笑っている人々がいました。

たとえその物事が問題まみれでも、確かに笑って生きています。

 

両方を知った私はどうすればいいのでしょうか。

 

その時、
「誰も人間を判断できないよ。」
と言ってくれた友人がいました。

 

「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」と。

 

写真は彼らと北モンゴルを馬で駆けたときのものです。
動物はヤクです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する

関連記事

  1. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  2. モンゴルの最北地にある「世界で2番目に透明なフブスグル湖」

    最近、モンゴルに行ってみたいという人に会いました。どうしてか聞くと、「草原から見る朝日が綺麗…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  4. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  5. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  6. 気をつけて!東南アジアで行われる「2秒でスリ」の方法

    東南アジアには、日本の学生が多く訪れます。そしてよくスラれます。実は、一度スリのやり方を…

  7. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  8. インド人に何度も”YOU are my HERO.&…

    インド人に何度も"YOU are my HERO."と言った日3000万人が集まった12年に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP