アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、
遺跡の近くで子どもたちが
おもちゃやハガキや本などを売っていました。

朝早くても一緒で、外国人を見ると近寄ってきます。

私は朝ごはんのパンを多めに持って朝日を見に行きました。
子どもたちと一緒に朝日を見るためです。

 

初めはおもちゃを売ろうとする子どもたちも、
一緒にパンを食べて話をしていると
そのうち一緒に遊ぶようになります。

 

そして待ちに待った朝日が
王様の沐浴場だったと言われる湖から昇ってきます。

しばらくその綺麗で優しい光を
子どもたちと一緒に浴びていました。
優しい朝日と美しい夕日を遺跡と共に見る日々。
とっても贅沢ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

関連記事

  1. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  2. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  3. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  4. インド人に何度も”YOU are my HERO.&…

    インド人に何度も"YOU are my HERO."と言った日3000万人が集まった12年に…

  5. 世界で2番目に透明な湖へ in モンゴル

    モンゴルの世界で2番目に透明な湖への道のりモンゴルの北部にその世界で2番目に透明な湖、フブス…

  6. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  7. タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

    タイの最北の町の一つに、メーホーソンがあります。のどかで、宿や観光客はあまり多くありません。…

  8. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP