アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、
遺跡の近くで子どもたちが
おもちゃやハガキや本などを売っていました。

朝早くても一緒で、外国人を見ると近寄ってきます。

私は朝ごはんのパンを多めに持って朝日を見に行きました。
子どもたちと一緒に朝日を見るためです。

 

初めはおもちゃを売ろうとする子どもたちも、
一緒にパンを食べて話をしていると
そのうち一緒に遊ぶようになります。

 

そして待ちに待った朝日が
王様の沐浴場だったと言われる湖から昇ってきます。

しばらくその綺麗で優しい光を
子どもたちと一緒に浴びていました。
優しい朝日と美しい夕日を遺跡と共に見る日々。
とっても贅沢ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

関連記事

  1. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  2. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  3. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  4. インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話

    インドのマザーハウスの無料診療所で働いた話主任のシスターは、13年間アフリカの内戦地区で…

  5. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く「お金で解決、人の手を使って解決…

  6. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  7. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  8. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP