アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、
遺跡の近くで子どもたちが
おもちゃやハガキや本などを売っていました。

朝早くても一緒で、外国人を見ると近寄ってきます。

私は朝ごはんのパンを多めに持って朝日を見に行きました。
子どもたちと一緒に朝日を見るためです。

 

初めはおもちゃを売ろうとする子どもたちも、
一緒にパンを食べて話をしていると
そのうち一緒に遊ぶようになります。

 

そして待ちに待った朝日が
王様の沐浴場だったと言われる湖から昇ってきます。

しばらくその綺麗で優しい光を
子どもたちと一緒に浴びていました。
優しい朝日と美しい夕日を遺跡と共に見る日々。
とっても贅沢ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

関連記事

  1. バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス

    バスに人を押し込む方法 in インド・ラオス箱の中にムリヤリ押し込むと量…

  2. ラオスで出会ったアンコールワットを造った民族末裔の人たちの風習 …

    南ラオスからタイへ移動途中、世界遺産の「山の寺」ワットプーやアンコールワットを造った民族発祥の地と言…

  3. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  4. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  5. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  6. 世界で通じた「おじぎ」は素敵なあいさつと感謝を伝えるツール

    ネパールとインドをつなぐ列車が走る、もうほとんどインドに近いネパールの村を訪れました。人々も…

  7. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  8. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP