アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、
遺跡の近くで子どもたちが
おもちゃやハガキや本などを売っていました。

朝早くても一緒で、外国人を見ると近寄ってきます。

私は朝ごはんのパンを多めに持って朝日を見に行きました。
子どもたちと一緒に朝日を見るためです。

 

初めはおもちゃを売ろうとする子どもたちも、
一緒にパンを食べて話をしていると
そのうち一緒に遊ぶようになります。

 

そして待ちに待った朝日が
王様の沐浴場だったと言われる湖から昇ってきます。

しばらくその綺麗で優しい光を
子どもたちと一緒に浴びていました。
優しい朝日と美しい夕日を遺跡と共に見る日々。
とっても贅沢ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

6年間世界を旅した旅人による「訪れた国数の数え方」

関連記事

  1. 海外で運転していて危なかった話

    チェジュ島の大きいラウンドアバウト(信号がなく、円形の道路にタイミングよく入り回って行きたい道に…

  2. ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。

    ウォッカが旅のおともなモンゴルの乗り合いバス。モンゴルの乗り合いバス(ワ…

  3. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  4. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  5. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  6. とっても甘いお釈迦さんの頭のようなフルーツ in 台湾

    台湾で夏を過ごしていたとき、普段はマレーシアに住んでいる人から「8月になると、台湾にはもの凄…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く7「電車で自分は疲れて座っていた。でも老人が前に…

  8. 危険がいっぱい!中国での食事を乗り切る秘訣

    少なく少なく、気を付けて、でも町の人と同じものを食べます。身体が拒否…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP