「しょうがない」を受け入れると快適になる

「しょうがない」を受け入れると快適になる

窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、

開けても開けても閉まっていく(モンゴル)のと、

そもそも窓ガラス自体ない(フィジー)窓。

どれが一番快適だったかと言うと、

フィジーの窓ガラスなしの窓でした。
そもそも気になりません。
ないものはしょーがない、となります。

雨が降ってきたときは、手動で天井にあるカバーを下ろすと
どの窓もだいたい同じぐらいのぬれ具合になります。
(モンゴルはほとんど雨降りませんが。)

”しょーがない”度の上位にいつもいるフィジーですが、
不便って、ストレスになりそうでしょうーがない、と思えば
言うほどストレスはたまりません。
たまに”しょーがない”を受け入れるフィジアンに救われたりもします。

 

写真はフィジーのトレジャーアイランドの昼間の海と
タベウ二アイランドの夕日などです。

フィジーは12月になるとマンゴーが道端にゴロゴロ落ちてきます。
好きなときに好きなだけマンゴーを拾い、食べる時期です。
鳥も犬も人間もみんなマンゴーを食べる素敵な時期ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました

関連記事

  1. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  2. バングラデシュと日本のつながりに助けられました

    バングラデシュと日本のつながりに助けられましたインドから国境を越えバング…

  3. 言葉が通じないラオスの象村でホームスティ 

    言葉が通じないラオスの象村でホームスティ言葉が通じな…

  4. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  5. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  6. 「自分の信じるものを自分で判断して進むんだよ。」

    自分の話すことに自信を持って誇りを持って話すスイス人の男性は、あらゆることにネガティブな部分を見…

  7. 東南アジアの旅で出会った素敵な生き方をするおじさんたちの話

    考古学者やカメラマンや芸術家の旅人たちが「君はジャーナリストか?」と尋ねてきたことがありまし…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP