「しょうがない」を受け入れると快適になる

「しょうがない」を受け入れると快適になる

窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、

開けても開けても閉まっていく(モンゴル)のと、

そもそも窓ガラス自体ない(フィジー)窓。

どれが一番快適だったかと言うと、

フィジーの窓ガラスなしの窓でした。
そもそも気になりません。
ないものはしょーがない、となります。

雨が降ってきたときは、手動で天井にあるカバーを下ろすと
どの窓もだいたい同じぐらいのぬれ具合になります。
(モンゴルはほとんど雨降りませんが。)

”しょーがない”度の上位にいつもいるフィジーですが、
不便って、ストレスになりそうでしょうーがない、と思えば
言うほどストレスはたまりません。
たまに”しょーがない”を受け入れるフィジアンに救われたりもします。

 

写真はフィジーのトレジャーアイランドの昼間の海と
タベウ二アイランドの夕日などです。

フィジーは12月になるとマンゴーが道端にゴロゴロ落ちてきます。
好きなときに好きなだけマンゴーを拾い、食べる時期です。
鳥も犬も人間もみんなマンゴーを食べる素敵な時期ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました

関連記事

  1. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  2. 小さな手助けをして大きな喜びをもらう

    小さな手助けをして大きな喜びをもらう「凄いね」でもな…

  3. モーレア島のフランス的生き方 in タヒチ

    タヒチのモーレア島にあるキャンピングサイトにはフランス人ばかり泊まっていました。皆長期で…

  4. ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー

    ミャンマーとキルギスの悪(ワル)になり切れないタクシー海外のタクシーのド…

  5. 人によって全然印象が違うベトナム旅行 

    ベトナムを北から南へ縦断中のホイアンでアラスカ出身の女の子と宿で同じ部屋になりました。彼…

  6. 海のないラオスにある4000の島々を個性的な子と訪れた話

    ラオスは内陸国なのですが、カンボジア国境近くのラオス南部に4000もの島が浮かぶ地域があります。…

  7. チベットで3人の悪ガキと友達になった話

    チベットの小さな町に着いたとき、手ぶり身振りで「学校で使うペンとノートがいる」と言いながら3…

  8. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP