「しょうがない」を受け入れると快適になる

「しょうがない」を受け入れると快適になる

窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、

開けても開けても閉まっていく(モンゴル)のと、

そもそも窓ガラス自体ない(フィジー)窓。

どれが一番快適だったかと言うと、

フィジーの窓ガラスなしの窓でした。
そもそも気になりません。
ないものはしょーがない、となります。

雨が降ってきたときは、手動で天井にあるカバーを下ろすと
どの窓もだいたい同じぐらいのぬれ具合になります。
(モンゴルはほとんど雨降りませんが。)

”しょーがない”度の上位にいつもいるフィジーですが、
不便って、ストレスになりそうでしょうーがない、と思えば
言うほどストレスはたまりません。
たまに”しょーがない”を受け入れるフィジアンに救われたりもします。

 

写真はフィジーのトレジャーアイランドの昼間の海と
タベウ二アイランドの夕日などです。

フィジーは12月になるとマンゴーが道端にゴロゴロ落ちてきます。
好きなときに好きなだけマンゴーを拾い、食べる時期です。
鳥も犬も人間もみんなマンゴーを食べる素敵な時期ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました

関連記事

  1. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  2. ネパールのおじさんがカルマについて話す。

    ネパールのおじさんがカルマについて話す。ネパールのヒッピーテンプルで出会ったおじさんが、カル…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  4. タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣る方法

    タヒチで泳ぎながらペットボトルで魚を釣るタヒチやイースター島は物価が高い。イースター島で…

  5. 台湾一周自転旅あるある2。

    台湾を自転車で一周中あるある2。友達の家まで50キロ。道行くおじさんにここに行きたいんだ…

  6. チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う話

    チベット標高4000mの山中にてタバコおじさんと戦う5人の中国人とタクシ…

  7. 自由を制限されたチベットが強い精神力で祈り続ける理由

    ネパールにある「お釈迦さまの前世が生まれた」という寺(ナモブッダ)は、「ここに来ればそれまで…

  8. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP