船酔い対策には踊ること。in ホンデュラス

船酔い対策には踊ること。in  ホンデュラス

 

ホンジュラスのウティラ島ではダイビングのライセンスが
4~5日で取れる。そして安い。
それを目当てにカリブ海に浮かぶウティラ島へ
本島から2時間船で揺られて向かった。

いや、揺られてっていうか、トビウオみたいに跳ねていた。
水しぶきは船より高く上がっている。
なぜそこまで突っ走る(跳ねる?)必要があるのだ、
と思わずにはいられない。

みんな吐いている。
船員たちは慣れた様子でビニール袋を配り歩く。

 

学生のころ、ダンスの時間が終わって教室に戻るときに
校庭に全校生徒が整列していたのを思い出した。
私たちは踊っていて地震に気付かなかったらしい。
そう、環境の揺れより大きく自分が揺れていれば気づかない。

 

それを思い出した私はすぐさまイヤホンを着用、
大音量でロックを聴き、飛び跳ねる(※普段そんなことしません。)

周りからは船の揺れ以上に飛び跳ねる私は
さぞ不気味に見えただろう。
いや、そんな余裕はなかったはず。

 

2時間後、みんな青白い顔して胸をさすりながら島へ降りていく中、
私は疲れはあれど爽やかな汗をかいていた。

船酔いには気合入れて踊る。これに限る。

 

(写真はウティラ島でお世話になったダイビングショップから。
宿代込みで250ドルほどでライセンスがとれた。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンランドの森とをハラゴシラエして歩くのだ。

オーストラリア流、ツアーガイドの運転技術

関連記事

  1. アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

    アメリカは渡航する人が犯罪やテロなどを起こす危険人物でないか渡航前にチェックをします。それが…

  2. マチュピチュの意味とは?何のために造られたのか?

    「マチュピチュってどんな意味なんだろう」と想像できない不思議さを持つ、ペルーにある500年以…

  3. メキシコの「青い水」が「茶色の水」だった話

    メキシコの「青い水」という名の滝が「茶色の水」に変化するとき”アグアアスル”(青い水)という…

  4. 「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

    ラスベガスのグレイハウンドバスのバスディーポ(待合場所)は、あまり大きくありません。アメリカ…

  5. メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性

    メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性メキシコ芸術の町、サン…

  6. アメリカンハイウェイをレンタカーで走る

    アメリカンハイウェイをレンタカーで走るアメリカで初レンタカーを一人で借りて、モニュメントバレ…

  7. メキシコに集まる芸術家たち

    メキシコに集まる芸術家たちメキシコには芸術家が集まる町がいくつかあります。私がスペイン語…

  8. カリブ海の海底からみる世界

    安くて早くダイビングのライセンスを取得できる、中米ホンジュラスのウティラ島にはたくさんのダイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP